革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2024/01/08

【シャネル】カンボンライン バッグのカラーチェンジ(ピンク→黒)

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

本日は、

シャネル、カンボンライン ボーリングバッグの

ピンクから黒へのカラーチェンジ

をご紹介いたします。

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

   

シャネルの大きなロゴが印象的なピンクのカンボンラインのボーリングバッグです。

ピンク色が褪せて、黒ずんでいるように見えます。

ポケットのある面や、底も、全体的に、色褪せ、黒ずみが進んでいます。

ファスナー周辺の革も色褪せて、黄色く変色しています。

 

では、施工後をご覧ください。

【after】

いかがでしょう。

汚れを取り除き、ブラックへのカラーチェンジで美しく蘇りました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

革の質感、艶も復活していますね。

ピンクからブラックへのチェンジということで、気分も新たに、お使いいただけそうです。

これからも、いろいろなシーンで活躍できますね(*^-^*)

 

お気に入りの革製品のお手入れはお済ですか?

施工例のような淡い色の革製品のバッグやお財布などは、汚れや黒ずみが気になってしまうこともありますよね。

今回のように濃い色へのカラーチェンジも可能ですし、もちろん同色での染め直しも可能です。

ご自身でのケアが難しいときには、革研究所にご相談ください!

 

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、「革製品と同じように、永く大切に使われるモノ」について、私自身の体験談のお話の、なんと5回目です!

これまでの1回目~4回目は、下記ブログのお茶の時間のところにありますので、

興味のある方は、こちらもご覧ください(*^^*)

1回目:「【エルメス】三つ折り長財布ベアンのスレ傷補修と染め直し」

2回目:「【ルイ・ヴィトン】ヴェルニのトートバッグのカラーチェンジ」

3回目:「【バーバリー】本革ジャケットの色褪せ染め直し」

4回目:「【ルイ・ヴィトン】ヴェルニの財布のカラーチェンジ」

 

5回目の今日は、今回の年末年始の帰省で、実際に私自身が母親から教えてもらった「モノ+秘伝の技」についてのお話です。

凄そうに書きましたが、代々伝わる「うちの黒豆作り」です(*^-^*)

お正月の黒豆と言えば、「まめに暮らせるように」、「まめに働けるように」、とか、魔よけの黒とか、いろいろな由来があり、縁起のよい食べ物ですよね。

黒く艶のある見た目も、おせちを引き立ててくれます。

金粉がかかっていたりすると豪華に見えますよね!

 

そんなお正月の黒豆ですが、うちのは、「シワが寄っていて、ちょっと硬い」のが特徴です。

こちらがその代々伝わるうちの黒豆↓

 

今年は、母と一緒に黒豆を作りました。

「おいしくなーれ、おいしくなーれ」なんてことを言いながら、ぐつぐつ煮ます。

 

一般的な黒豆は、豆が膨らんで柔らかくなったら完成なのですが、

うちのは、柔らかくなったのを確認した後も、さらに煮続けるんです。

これによって、豆が少ししまって硬くなり、縮むことでシワが入ります。

煮汁がなくなりかけてきたら出来上がり!

 

黒豆を一晩水につけて、それから煮始めて完成までに、こんなに時間がかかるのだと初めて知りました。

ちゃーんと味わっていただかなければなりませんね~。

歯触りをどうお伝えすればよいか難しいのですが、

硬いといってもカチコチではなく、ムギュッと噛みしめることができる感じです。

 

小さい頃から、この黒豆に慣れ親しんできたので、

はじめて外で黒豆を見て食べた時は、「やわ~なんじゃこりゃ」と思いました(≧▽≦)

調べてみると、硬いのが好きな方も結構いらっしゃるようですね。

 

母に、うちの黒豆がなぜ硬めなのか聞いたところ、「おばあちゃんの黒豆がそうだったから」ということでした。そして、おばあちゃんの黒豆がなぜ硬めなのかは、知らんと言ってました。

とはいえ、おばあちゃん→母→私と、3代受け継がれた味ということですよね。

それと、、母の妹(おばちゃん)のところに遊びに行ったら、そこでも黒豆を出してくれたのですが、なんと、シワの入った硬めの黒豆だったんです!

おおぉ~!ここでも受け継がれていることが確認できました(*^-^*)

 

そんな黒豆を煮る鍋ですが、こちらも母がおばあちゃんからもらったものでした!

さっきの写真にも写っていましたが、これです↓

年季入りまくりですね。

このお鍋、小さい頃におばあちゃんがご飯を炊いていたような記憶があります。

炊けたら、おじいちゃんのお仏壇に一番にご飯をあげて、それからおこげをもらうんです。

今は、母がこの鍋を使うのは、本当に黒豆を煮るときだけなので、底の焦げなど気にしないとのことでした!このお鍋も、いつか受け継ごうと思うのでした。

 

代々受け継がれてきた「うちの黒豆と鍋」のお話はここまでです(*^-^*)

 

おまけです。

母が、これもどうぞと持ってきてくれました。

布志名焼き(ふじなやき)湯町窯のエッグベーカーです。

島根県の玉造温泉周辺の焼き物です。

ほっこりとしていて、おしゃれなデザインですよ。

子供のころ、これにベーコンと卵を入れて焼いたものが好きで、

よく食べていたのを思い出しました!

私もこのエッグベーカーでチャレンジしてみようと思います!

 

というわけで、5回にわたり「革製品と同じように、永く大切に使われるモノ」について、私自身の体験談をお話してまいりました。

何でもない私の家でも、こんなにいろんなお話ができるんですから、どの家にも受け継がれているものやことがたくさんあるのだろうなと思います。

そして、必ずそこには物語というか思い出というか、そういったものが一緒になっているんだなと感じました!

 

今日は、成人の日ですね!

何かの節目の日に、みなさんも、代々伝わる「モノ+技」、そして物語や思い出を、見つけてみてはいかがでしょうか(*^-^*)

そしてもし革製品がありましたら、お手入れのお手伝いを致しますので、

革研究所にご相談くださいね(*^-^*)

 

施工例でご紹介したシャネルのバッグように、補修することで、また長く使うことができるようになります。

しまい込んであった昔のものでも、レトロ感を生かしてイメージチェンジしたり、補修するなどして、もう一度、大切に使い続けてみませんか?

 

ブログでは、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるようなお話を掲載しております。ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休 

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP