革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2024/01/12

【レッドウィング】本革ブーツの色褪せの染め直し

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

本日は、

レッドウィングの本革ブーツの色褪せの染め直し

をご紹介いたします。

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

新品の状態で、日が当たる場所に置いていていたところ、

片側(写真の右側です)が日に焼けてしまい、色褪せしてしまったとのことです。

日の当たり具合でこんな差がでてしまったんですね!!

新品なので傷などは見当たりませんが、このままでは履くのを躊躇してしまいますよね。

このため、色褪せしていない部分の色に合わせ、両足の染め直しを行います。

 

では、施工後をご覧ください。

【after】

いかがでしょう。

新品同様、左右の色がそろいました。よかったです(≧▽≦)

これで、どんどん活躍できますね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

お気に入りの革製品のケアやダメージなどの、ご相談、お悩みはございませんか?

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理・ケアに幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、「革靴」についての、ダメージあるあるをご紹介したいと思います。

施工例でご紹介したお品物は、日焼けによる色褪せでしたね。

履いていなくても、保管時の環境によって、ダメージが出ることもあるので気を付けなくてはいけませんね!

 

では、その他のダメージあるあるを見ていきましょう。

■あるあるその1:つま先のダメージ

つま先部分は、何かにぶつけたり、雨に濡れやすかったりするため、

どうしてもダメージが発生しやすくなります。

つま先のダメージあるあるのbefore/afterをいくつかご覧いただきます。

安心してください。すべて補修できますよヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

<例1>

before

↓↓after↓↓

 

<例2>

下がbefore→上がafter

 

<例3>

before

↓↓after↓↓

 

<例4>

before

↓↓after↓↓

 

■あるあるその2:かかとや側面のスレ傷

かかと部分も、つま先同様に、何かにぶつかったりすることが多いため

細かいスレ傷がつきやすいですね。

歩き方によっては、左右の靴の側面がぶつかることによるスレ傷もあるあるです。

かかと部分のスレ傷ダメージあるあるのbefore/afterをいくつかご覧いただきます。

安心してください。すべて補修できますよヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

<例1>

before

↓↓after↓↓

 

<例2>

左がbefore→右がafter

 

<例3>

before

↓↓after↓↓

 

■あるあるその3:履き皺部分の色落ちなど

歩くことによって折れ曲がる部分に履き皺ができ、色がはげてききたり、

艶がなくなってきたりすることがあります。

履き皺部分のダメージあるあるのbefore/afterをいくつかご覧いただきます。

安心してください。すべて補修できますよヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

<例1>

上がbefore→下がafter

 

<例2>

before

↓↓after↓↓

 

<例3>

before

↓↓after↓↓

 

ダメージの強さによって、補修の内容は異なりますが、

写真のようにダメージ修復することができます!

強めの傷があるような場合でも、専用の補修液と丁寧なサンディングで、

表面をきれいに修復することができますし、

色褪せ、色剥げなども、染め直し、クリーニング、革のケアによって、

革特有の艶を復活させることができます(*^-^*)

この他、革以外の部分の、中敷きやソールの剥がれ、ファスナーなどのダメージもありましたら、

合わせてご相談ください。

 

革の靴には、履きこんできたことによる、カッコイイ経年変化もありますので、

補修する際には、お客様が気になる箇所がどういうところかや、

染め直す場合のカラーや艶は、どういうイメージがよさそうか、など、

仕上がりのイメージをお客様とよくお話をして、施工の方向性を決めていきますよ!

 

あるあるダメージで掲載した写真の靴の補修施工については、下記のブログでご覧いただけますので、是非ご覧ください。

「RABOKIGOSHIの革パンプス修理」

「革のブーツ補修 before/after」

「革のロングブーツのダメージ補修」

「プラダの革靴のキズ補修」

 

足になじんで履き心地の良い靴は、どうしてもヘビロテになりますよね(≧▽≦)

定期的に本格ケアを施すことで、長く履くことができますので、お手入れの時間がどうしても取れなかったり、ご自身では直せないダメージがあったりする場合は、お早めにご相談ください!

 

本日のお話は、ここまでといたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

ブログでは、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるようなお話を掲載しております。ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休 

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP