革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/12/20

プラダの革靴のキズ補修

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

さて、本日の施工例は、

プラダのメンズの革靴のキズ補修です。

 

ご依頼の内容は、大切にしているプラダの革靴で転んでしまい、つま先部分の革が削れてしまったので、補修したいとのこと。

こちら↓がその革靴、プラダのオックスフォードシューズです。

確かにつま先に大きな削れがあります。

そのほかにもスレ傷がありますので、また気持ちよく履けるように、修復してきれいにしていきます!

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

左足のつま先部分です。革が削れてガタガタになっています。

 

右足のつま先部分は、広範囲にすり傷があります。

 

かかと部分も同様にすり傷がありますね。

このほか、側面も同様の状態です。

 

では、施工後のお品物をご覧ください。

【after】

いかがでしょう!

つま先部分の革の削れ、スレ傷がきれいに修復されています。

革の艶も蘇りました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

お気に入りの革靴で、また気分よくお出かけできますね(*^-^*)

 

施工内容について

つま先の革の削れを補修します。

まず、サンディグで革の表面の荒れをある程度整えたあと、専用補修液で形を復元し、顔料で下塗り塗装を行います。

この時点で形と表面の平滑感をつくることが一番大事です。

指で触ってザラツキがあれば、研磨します。

研磨でつるっとした感覚になったら、再度補修液を塗布し、塗装を行います。

これを繰り替えし行い、削れた革の復元とスリ傷を元の革の状態に整えます。

今回は、キズが深かっため、この工程を6回繰り替えしました。

ここまでくれば、施工の90%は完了です!

後は、上塗りの顔料塗装をした後に、防汚トップコート、更に撥水コートを行い、トータル4層の塗装を行い完成です。
この仕上げの施工は、汚れやすい靴には、お薦めの施工です!

 

きれいに磨かれた革靴を履いていると、自分自身も気分が良いですし、周囲の方にも良い印象を持たれますよね(*^-^*)

ただ、きちんとお手入れをしていても、本日の施工例のような革の削れなどは、ご自身での修復は難しいです。でも、もう履けないかもとあきらめないで!

革研究所の施工で、お気に入りの革靴を蘇らせましょう(^^♪

 

革製品のお悩みは、お気軽にご相談ください。(p≧w≦q)

バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、施工例でご紹介した革靴のお手入れについてです。

以前もご紹介しましたが、関心のある内容と思いますので、再度ご紹介です。

 

日常的に履いた後に、汚れをブラシで落としてクリームを塗るといったケアを行っていても、トラブルが起こることがあります。

1か月に一度、もしくは雨に濡れた時などに、本格ケアをお勧めします。

 

ケアの方法です。

①全体のブラッシング

シューキーパーがあればセットして、馬毛などの柔らかいブラシで全体の汚れやほこりを取り除きます。このとき、ブラシは往復せず、一定方向にかけていきましょう。

飾りや金具などもブラッシングして汚れを落とします。

 

②クリーナーで汚れ落とし

クリーナーをコットンなどの柔らかい布になじませて、小さな円を描くようにして、少しづつクリーナーを塗りこみます。汚れや古いクリームの残りを布に移していくようにして、全体の汚れをしっかり取り除きます。

このとき、革に直接クリーナーを付けるとシミになることがあるので、必ず布にとって行いましょう。また目につきにくいところにクリーナーを塗ってシミなどにならないかをテストするようにしましょう。

この工程で、下地を整えておくと、次のクリームが浸透しやすくなります!

 

③クリームで栄養補給

革と同色か、薄い色、もしくは無色のクリームを少量ずつ布になじませて、クリームを薄く全体的に塗り伸ばしていきます。

 

④ブラッシング

豚毛などの硬めのブラシで、一定方向にブラッシングします。

凹凸のある部分や金具のついている部分などは、クリームが残りやすいので、細かく確認しながらブラッシングしましょう。

 

⑤クロスで仕上げ

仕上げ専用のクロスを使い、乾拭きして、艶を出します。

このとき、ストッキングを使うという話を聞いたことがありますが、ストッキングは繊維が固いのでやめましょう!

できれば使い古した布ではなく、専用の布を使いましょう。

より光沢が出るのでお勧めですよ°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

さらにきめ細やかなお手入れのポイントです。

・③でクリームを塗った後、2~3分程度おいてから、次のブラッシングを行うとベター。

靴の場合は、片方にクリームを塗ったら、もう片方のクリームを塗るといった具合に行うと、ちょうどよいですよ!

・底のふちの周りなどの細かな部分も磨くことで、さらに美しさが増します!

 

お気に入りの革靴のお手入れの際に、是非参考にしてみてください!

忙しくてできない~という方は、革研究所までご連絡ください。

クリーニングも承りますよ!(*^-^*)

 

ブログでは、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるような情報を掲載しております。ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP