革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2024/03/03

HUKLA 革ソファーの傷、ひび割れ補修と染め直し

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

3月3日ひな祭りですね。

私の家の雛人形は、お内裏様とお雛様の2体で、ガラスケースに飾っていました。

かわいいお顔だったのを覚えています。

今も実家にあるはずですが、近年は見ていないので、探してみたいと思います。

革製品と同様、大切にしたいものですね(*^-^*)

 

さて、本日は、

HUKLA(フクラ)の革ソファーの

傷、ひび割れ補修と染め直し

をご紹介いたします。

 

さっそく、施工前の状態をご覧ください。

【before】

お品物はこちら↓のソファです。

かなりダメージが激しい状態です。

詳しく見ていきましょう。

 

↓座面の手前部分です。

革がひび割れて、削られたようになっており、

革の表面が、がさついた状態です。

 

↓肘掛けもひび割れており、革の表面が大きく裂けたようになっている箇所があります。

スレ傷、ひび割れを補修し、全体を同色で染め直します。

 

では、補修施工後をご覧ください。

【after】

いかがでしょう。

スレ傷、ひび割れがきれいに補修されています。

がさついていた革の表面も、しっとりとした革の質感を取り戻しました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

施工にあたって重要なポイントについてご紹介します。

傷やひび割れなどのダメージは、その傷を埋めるために補修液を使います。

今回のお品物のように、傷やひび割れが進んでいるということは、

表面の傷が深いということになります。

このような場合は、傷を埋めるための補修液を使いすぎないように

慎重に状態を見ながら、適度な補修を施す必要があります。

適度とは何かといいますと、

補修液を多く使いすぎると、表面がビニールのようになってしまいかねないため、

革の表情を残し、周囲の革となじむよう、”適度”な補修が重要ということなのです。

この施工は、薄く補修液を塗布し、しっかりと乾燥させ、表面をサンディング

という作業を繰り返し行いながら、ちょうどよいところを見つけて仕上げていきます!

施工前に、仕上がりの方向性について、

お客様と共有することが大切と考えていますので、

ご要望やお悩みをお話いただけると嬉しいです(*^-^*)

 

お気に入りの革製品のケアやダメージなどの、ご相談、お悩みはございませんか?

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理・ケアに幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、ご紹介した施工例に続けて、

傷やひび割れのダメージが激しいソファの施工例をもう一つご紹介したいと思います。

 

そのお品物がこちら↓の一人掛けソファです。

肘掛けが破れて中身が見えてしまっています。

その部分の革が無くなっていますね。

その他にも、背もたれの破れや、スレ傷などがあり、

どの傷も深いものが多い状態です。

 

↓肘掛けの拡大です。

これ直るの?って思いましたか?

直しますとも!(≧∀≦)ゞ

ここまで破れてしまっていると、本来は革の張替えをお勧めしますが、費用もかかります。

ご相談の内容は、費用を抑えて、張替えなしで直せないかというものです。

となれば、、、補修液で埋めて補修という方向で進めます。

ただし、仕上がりの質感はちょっとビニールっぽくなりますので、

これについては、ご了解いただいてから、施工を開始します。

↓↓↓after↓↓

補修液で埋めて、表面をなじませるようにサンディングし、

染め直しすることで、きれいに補修することができました。

張替えなしで、激しい破れを埋めていますので、革の風合いの表現が

なかなか難しいのですが、このような補修もできる、という例です。

 

このソファの施工の詳細は、こちらのブログでご覧いただけます。

「革のソファの破れ修理と染め直し」

 

ソファは、家の中では、重要なポジションではないでしょうか!

使用状況や環境によって、ダメージの状態はさまざまです。

お気に入りのソファを長くお使いいただくために、

ダメージが気になったら、早めの補修をお勧めします。

ダメージが小さいほど、補修の費用も抑えられますし、

ソファにとっても優しいですよ(*^-^*)

 

本日のお話は、ここまでといたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

==================

 

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休 

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしておりますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP