革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2024/01/13

革のバッグの持ち手ダメージ補修をまとめてご紹介!

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

本日は、

革のバッグの持ち手のダメージの補修をまとめて

ご紹介いたします。

 

革のバッグのダメージにもいろいろありますが、

「持ち手」は、特に力もかかりますし、手で触れる部分でもあるため、ダメージが出やすくなります。

バッグの本体はきれいなのに、持ち手だけがダメになってしまうといったこともしばしば。

本日は、日々頑張っている「バッグの持ち手のダメージと補修施工例」を、まとめてご紹介いたします。

 

では、見ていきましょう。

■例1:持ち手の革が破れた例

ボッテガ・ヴェネタのトートバッグです。

手で触れる持ち手部分の革が擦れて破れ、剥げてしまっています。

before

↓↓after↓↓

こちらの例では、元の持ち手を取り除き、新しい持ち手を取り付けています。

持ち手の色は、本体の色に合わせて選びますが、染め直すことも可能です。

 

例1の詳細記事はこちらです。

「ボッテガ・ヴェネタのバックの持ち手交換と補修」

 

■例2:持ち手の付け根が破れた例

エルメスのガーデンパーティです。

荷物の出し入れの際に折れ曲がりストレスのかかる、持ち手の付け根部分が破れてしまっています。

こちらの例では、持ち手の革自体のダメージは少ないのですが、糸のほつれている状態です。

before

↓↓after↓↓

持ち手の付け根4か所の糸をほどき、革は維持して、手縫いで丁寧に縫製しました。

カラーチェンジをご要望でしたので、afterの写真は本体がブラックになっていますが、

同じバッグですよ(*^-^*)

 

例2の詳細記事はこちらです。

「エルメスのバッグ、ガーデンパーティの修理とカラーチェンジ」

 

■例3:持ち手の革が破れて取れてしまった例

ルイ・ヴィトンのトラベルバッグです。

荷物の重みがかかる持ち手の鞄本体の付け根部分の革が3箇所切れています。

before

↓↓after↓↓

持ち手の付け根の革の上部の破断した部分を切断し、新たな革で付け根を作りなおして設置しました。

 

例3の詳細記事はこちらです。

「ルイ・ヴィトンのバッグ持ち手付け根の破れ修理」

 

革のバッグの持ち手ダメージ例を3例ご紹介しました。

みなさまがお持ちのバッグにも似たような状態があるなど、お悩みはありませんか?

ダメージの状態は、使い方や環境によって千差万別ですので、本日ご紹介したダメージ以外にも、「こんなの直るのかな。。」といったお悩みがありましたら、あきらめずにご相談ください!

 

今回は持ち手のダメージ補修に特化してご紹介しましたが、

色褪せやシミ、擦り傷などのダメージ補修も、もちろん可能です!

革のバッグは使い込んみによる、カッコイイ経年変化もありますので、

補修する際には、お客様が気になる箇所がどういうところかや、

染め直す場合のカラーや艶は、どういうイメージがよさそうか、など、

仕上がりのイメージをお客様とよくお話をして、施工の方向性を決めていきます。

ですので、安心してご相談ください(*^^*)

 

また、色に関しては、同色での染め直しはもちろんですが、例2のような気分一新!のカラーチェンジも可能です。

「昔買ったときはこの色が良かったけど、最近は使うシーンが変わってきて使いにくくなった」というこようなこともあると思います。こういった時には、カラーチェンジを検討してみるのはいかがでしょうか。

 

革製品の良いところは、お手入れや補修をしながら大切に使うことで、革が人になじんで使いやすくなり、長く使い続けることができるところですよね(*^-^*)

持ち手が取れたりしたら、Σ( ̄ロ ̄lll)ガーンですし、もう使えないと思ってしまいそうになりますが、修理すれば、まだまだ活躍できます。

もししまい込んでしまっている革製品があったら、この機会に見直してみませんか?

ご自身でのお手入れや補修が難しい場合は、革研究所が全力でサポートいたします(≧∀≦)ゞ

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休 

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

 

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP