革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/12/22

ルイ・ヴィトンのバッグ持ち手付け根の破れ修理

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

クリスマスイブイブイブですね(*^-^*)

日本に寒波来てます。暖かくして過ごしましょうね!!

 

さて、本日の施工例は、

ルイ・ヴィトンのバッグ、キーポルの

持ち手付け根の破れ修理です。

 

ご依頼のお品物はこちら↓ルイ・ヴィトンのキーポルです。

持ち手の付け根の革が切れて、取れてしまっています。

ご夫婦で海外へのご旅行中に、持ち手が取れてしまったとのこと!

大変だったにちがいありませんね(>_<)

今回は、この持ち手の設置をお願いしたいとのご依頼です。

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

持ち手の付け根の革が3箇所切れてしまっています!!

また、革のハンドルや帯の部分の広範囲に傷やシミなどの汚れが発生しています。

 

持ち手の付け根の修理と、革の部分染め直しを施すことにしました。

では、施工後のお品物をご覧ください。

【after】

いかがでしょう!

持ち手がしっかりと縫い付けられ、部分染め直しで革の部分の艶が復活しました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

これで安心して、旅行を楽しんでいただけますね(*^-^*)

 

施工内容について

今回は、持ち手の付け根部分が3箇所切れていたため、一度ハンドルを外し、

付け根の革の上部の破断した部分を切断し、新たな革で持ち手の付け根を作り設置しました。

このように革が切れてしまっていても、修理可能ですので、あきらめずにご相談ください!

 

革製品のお悩みは、お気軽にご相談ください。(p≧w≦q)

バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、施工例でご紹介したルイ・ヴィトンのバッグ、キーポルから、ボストンバッグのお話です。

 

まずは、ルイ・ヴィトンのバッグ「キーポル」についてです。

ルイ・ヴィトンと言えば、トランク、トラベルが、創業当時からのアイコンです。

(以前のブログでルイ・ヴィトン誕生のお話を書いていますので、ご興味のある方は、こちらもご覧ください!→「ルイ・ヴィトン バッグのカラーチェンジ」

 

「キーポル」は、1924年にコンパクトに折りたためる旅行バッグとして発表されました。

旅行の際に便利に使えるボストンバッグとして作られたんですね。折りたたんでスーツケースに収納できることが最大の特徴です。

キーポルという名前は、当初は「Tientout(ティアント)=すべてを収納する」というフランス語の名前から、「Keep all=すべてを保つ」という英語の名前に改名されたものです。

これを「Keepall」と短縮し、キーポルとなったのだそうですよ。

カタカナでキーポルだと、なんだかわからないですが、そういうことだったんですね!

 

そして、上の文章にも出てきましたが、「ボストンバッグ」という言葉。

こちらは、日本でしか通用しない和製英語です!

英語では、トラベリングバッグやオーバーナイトバッグと言います。

ボストンバッグがなじんでしまているので、うっかり言っちゃいそうですが、海外では通じませんのでご注意を!

 

ではなぜ、ボストンバッグという和製英語が誕生したのでしょう。

ボストンバッグは、アメリカのボストン大学の学生が重い教科書をいれるために使っていた丈夫で大きなバッグが、大正時代の1924年に日本に入ってきたのがはじまりで、ボストンバッグと呼ばれるようになったのだそうですよ!

 

くしくも、ルイ・ヴィトンのキーポル発表の年と同じ、1924年に日本に入ってきたということで、このころにいわゆるボストンバッグのような形の旅行鞄が広まっていったんだなーということがわかりますね。

人々の行動範囲もぐっと広がった時代なんですね~。

 

最近はというと、ボストンバッグに代わって、スーツケースやキャリーバッグが人気ですよね。

かくいう私も、新幹線や飛行機の機内に持ち込めるサイズのキャリーバッグを愛用しています。

とはいえ、ボストンバッグも根強い人気があります。敢えて大きなボストンバッグを取り入れたコーディネイトを楽しんだり、おしゃれが進んでいるように思います!

 

みなさんも、昔活躍していたボストンバッグがどこかに眠っていませんか?

今回のルイ・ヴィトンのバッグのように、ダメージを修復して、もう一度旅行に使ったり、ファッションに取り入れてみるのはいかがでしょうか!

革研究所がお手伝いいたしますよ~~(*^-^*)

 

本日のお話はここまでといたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ブログでは、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるような情報を掲載しております。ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP