革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/12/21

革のショートブーツの黄ばみ補修と染め直し

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

さて、本日の施工例は、

革のショートブーツの黄ばみ補修と染め直しです。

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

赤っぽいブラウン系のジョッパーブーツです。

広範囲に黄ばみが発生しています。

踵部分は擦れることによって色が薄くなっています。

細かい傷やシミもありますね。

 

染め直しで、きれいにしていきます!

 

では、施工後をご覧ください。

【after】

いかがでしょう!

赤系のブラウンの良い革の雰囲気を残しながらも、

黄ばみや傷などのダメージが補修され、

美しいショートブーツに蘇りました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

これで、気持ちよく履くことができますね!!(*^-^*)

 

急に寒くなってきました。革のブーツが活躍する季節です!

まだ、しまったままの方は、一度出してお手入れしませんか?

昨日のブログで革靴のお手入れ方法を紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。

→こちらの記事です「プラダの革靴のキズ補修」

ご自身でのケアが難しい場合は、革研究所にご相談ください(*^-^*)

 

革製品のお手入れ・補修は、早めがおすすめです。ダメージが広がる前に補修することで、その後も永くお使いいただけますよ。

もちろんダメージが大きい場合でも、しっかり修理いたしますので、革製品のお悩みは、お気軽にご相談ください。(p≧w≦q)

 

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、施工例でご紹介したジョッパーブーツについてお話したいと思います。

 

ファッションでいうところのジョッパーブーツとは、足首・くるぶし・かかとに交叉上に巻きつけたストラップを外くるぶしにあるバックルで固定させるショート丈のブーツのことを指します。

 

「ジョッパー」とは何かというと、インド北西部にある都市の名前です。

植民地支配時代に駐留していたイギリスの陸軍が、現地の人々が着ていたズボンからヒントを得て開発した乗馬用の長ズボンが「ジョッパーズ」と呼ばれるようになったという説が有力みたいです。

ポロ競技で英国人が導入し、世界中で「動きやすいズボン」として人気になったのだそうです。

上腿部が太くて、下腿部が細い形のズボンですね~。

この下に履くブーツがジョッパーブーツということなんですね!

 

ジョッパーブーツについている革のストラップは、激しい乗馬運動でも切れないよう太めに作られ、足首をしっかりとホールドする役割を担っています。

この足首のストラップのデザインが、素敵ですよね。

革のストラップをバックルできちんと留めることで、履き口は狭く閉じられ、脱げにくく、小石・埃・泥が入らないようになっています。ヒールの部分が高くなっているのも、汚れの侵入を防ぐためなんですね。

 

ジョッパーブーツが誕生した19世紀末ごろと言えば、都市部でも道の舗装が十分ではなかったため、ブーツはファッション性よりも機能性が重視されました。

革が足首を柔らかく包み込みながらもきちんと守り、適度な高さがあることで、このような道でも汚れを防ぐことができたんですね。

 

現在では、ファッションアイテムの一つになっていますよね!

個人的にも、ショートブーツはいろいろなスタイルに合わせられるので大好きなアイテムです。

ロングスカートに合わせても、デニムのパンツに合わせても、

足元がピリッと決まる気がします(*^-^*)

今年の冬も、革のブーツでおしゃれしましょ~。

 

本日のお話はここまでといたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

ブログでは、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるような情報を掲載しております。ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP