革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/11/05

オーストリッチのショルダーバッグのカラーチェンジ

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です\(^^)/

 

さて、本日は

オーストリッチ素材のショルダーバッグのカラーチェンジ

についてご紹介します。

 

グレー系からブラックへのカラーチェンジです。

イメージががらりと変わりますよ!

 

さっそく、カラーチェンジ前後の状態をご覧ください。

【before】

バッグの蓋で隠れている部分と隠れていない部分で色の違いが発生しています。

色が褪せてきていますね。

 

【after】

いかがでしょう。

グレー系からブラックへ、イメージをガラリと変えるカラーチェンジの施工例です。

革の艶も復活し、美しいオーストリッチの質感が蘇りました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

洋服のコーディネイトや活躍するシーンまでも変わってきそうです!

新鮮な気持ちで使うことができますね(^^)/

 

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、革製品の修理に幅広く対応いたしますので、お気軽にご相談ください\(^^)/ 

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

 


ちょこっと雑談タイム(^^)

本日は、オーストリッチについておしゃべりしたいと思います。

 

オーストリッチとは、エキゾチックレザーの1種で、「ダチョウの革」です。

エキゾチックレザーとは、主に「ワニ・トカゲ・ヘビ・ダチョウ・エイ」などの、希少価値の高い動物の革なんですね。

 

オーストリッチ独特のあのドットのような柄は、クイルマークと言います。

ダチョウの羽毛を抜いた後の丸みのある突起した軸痕です。他の革にない、ユニークさがありますよね!強靱な皮質、重厚さ、立体的な革の特性から、高級品向け素材として幅広く使用されています。

 

数百年前には、9種も生息していしたダチョウの仲間は、現在ではダチョウ目ダチョウ科1種のみなのだそうΣ( ̄ロ ̄lll)
野生のものは、中央アフリカ、シリア、アラビア等の乾燥地帯に分布していますが、減少傾向にあります。南アフリカでは、積極的なオーストリッチの飼育が行われ、皮革用として計画的な生産と、理想的な管理が行われているんですね。

最近ではヨーロッパ、北米、オーストラリア、中国、イスラエル等々でも、飼育農場が増えているそうです。

それだけ需要があるということですねー。

 

脱線しますが、、、ダチョウ(オーストリッチ)ってどんな鳥なんでしょう(^^)

ダチョウは、飛べない鳥として、鳥類の中で最大級の鳥。アフリカ大陸で固有の独自性をもって生息しています。平均体高は2.5メートル、重さ120キロに達するジャンボサイズですが、走力が非常に優れています。 

確かに、激走するダチョウの映像を見たことがありますよね(*^-^*)

長い脚の筋肉がやけにムキムキしていて、けられたら一発でノックアウトしそうだな、とか、

ふさふさの黒い羽が、ステージ衣装みたいだな、とか、

瞳が大きくて、まつ毛ながくて、きれいなお顔立ちだな、とか、

そんなイメージを持っています。

ものすごく個人的な意見でした(^^;

 

そして、もういっちょ、ダチョウと言えば、、卵がデカイヾ(@⌒ー⌒@)ノ

現存する生物の卵としては、世界最大の大きさなんですね~。

殻の厚さが約2mmもあるんだそうです。楕円形で、ツヤのある硬質の殻には何百もの気孔が開いていて、鶏卵のほぼ25個分の大きさです!!わお(◎_◎)

何をとっても規格外って感じですね!

 

そろそろ、革のお話に戻りましょうか。

そんなオーストリッチの革の価格は、クイルマーク(イボイボです)がカギになっています。

クィルマークは、革全体の40%なんですね~。

革として価値が高いのは、このクイルマークのある背の部分。ここの良し悪しで革の価格が決まります。クィルマークが大きく盛り上がったもの、傷のないものほど価値は高くなるそうですよ!

つまり、クイルマークのある部分をたくさん使っている製品の価格は高いってことですね。

 

革のことを調べていくと、その動物のことも知りたくなりますね!!

 

オーストリッチのショルダーバッグのカラーチェンジ、いかがだったでしょうか。

みなさまがお持ちの革製品も、革研究所の修理でアップデートしませんか?

 


ここで・・・店長からみなさまへ!!

 

革研究所三島伊豆店の店長の林田です。

施工にあたっては、みなさんのお悩みやご要望を真摯にお聞きして、丁寧にコミュニケーションしながら進めます。

施工内容についても詳しく説明し、ご納得いただいてから施工を開始しますので、ご安心ください。

施工後のお手入れの方法なども、納品の際に説明させていただきますので、

わからないことがあれば、お気軽にお尋ねください(^^)/

 

状態によって、クオリティ、納期、料金に違いがあります。

ダメージが少ない段階のほうが、ご負担も少なくなりますので、まだ早いかな?と思っても、ご相談いただけると嬉しいです。

 


革製品のトラブルでお困りの際は、ぜひご相談ください。

 

「こんな対応できますか?」

「これはどうしたらいいの?」などなど、

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

お電話の場合、お話だけではダメージの状態がわからないので、気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

「実際にものを見せながら相談したい」などのご要望がありましたら、訪問見積りなども対応させていただきますので、ご相談ください。

 

ご相談、お見積りは、

もちろん無料です♪(^^)♪

 

とにかく、どんなご要望もあきらめずに

一度ご相談いただけると嬉しいです!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、

革研究所三島伊豆店ホームページ上部の

LINEアイコンを押して

友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP