革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2024/03/31

【革の鞄修理】ポール・スミスのバッグの防水スプレー跡補修

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

本日は、革のバッグ修理例です。

ポール・スミスのバッグの防水スプレー跡の補修

をご紹介します。

 

では、施工前の状態をご覧ください。

【before】

お品物はこちら↓です。

まだ新しいバッグできれいな状態です。

が、防水スプレーをかけたことで、白く跡が残ってしまってます。

 

詳細を見ていきましょう。

ところどころに、白いシミがあります。

防水スプレーが表面のコートを溶かしてしまったようです。

 

クリーニングではシミが取れないため、染め直しでカバーし、

汚れを目立たなくします。

 

では、施工後をご覧ください。

【after】

シミが目立たなくなりました(*^-^*)

防水スプレーは、見えないところで少量試してから使いましょう~。

革研究所では、仕上げに撥水コート、防汚コートを施すことができますので

補修の際にはお勧めです!(*^-^*)

 

お気に入りの革製品のケアやダメージなどの、ご相談、お悩みはございませんか?

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理・ケアに幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(*^-^*)

防水スプレーの跡を染め直しで目立たなくする補修例いかがでしたか?

特に靴などは、防水スプレーをかけたくなりますが、

革に影響がないか確認してからにしないとですね。

 

今日のティータイムは、施工例のバッグのブランド「ポール・スミス」

のことを少しお話することにします。

ポール・スミスと言えば、何を思い浮かべますか?

私は、あのカラフルなストライプを思い出します。

クラシックな中に、ポップな色使いがアクセントになっていておしゃれですよね(*^-^*)

お品物も、濃紺と赤の組み合わせが目を引くデザインでした。

 

ポール・スミスは1970年、イギリス発のファッションブランドです。

デザイナーのポール・スミスの格言が、

“インスピレーションの源はどこにでもある” なのだそうですよ。

何気ない日常生活の中にも、ひらめきを感じられるような

感性をもっているんですねー。

 

そんなポール・スミスのコンセプトは、

「ひねりの効いたクラシック」です。

なるほど、わかりやすいと思います!

 

シャツやジャケットなどなど、アイテムそのものはベーシックなのですが、

色や柄、素材などの組み合わせによって、

ポール・スミスらしい個性が表現されているのかなーと思います。

 

↓こちら、ポール・スミスのお財布のカラーチェンジの施工例です。

ベルト通しのところに、カラフルなストライプのデザインがあしらわれています。

ポップでおしゃれですよね(*^-^*)

そそて、、ピンクへのカラーチェンジで、ユニークさがアップしましたね!

ポール・スミスのお話はここまでです!

 

余談ですが、3月31日はオーケストラの日です♪

ポール・スミスもたくさんの芸術や音楽に触れていたということで、

書きたくなりました(*^-^*)

 

多くの人にオーケストラをもっと身近に親しんで楽しんでもらいたいということで、

2007年に公益社団法人日本オーケストラ連盟が制定したのだそうです。

なぜ3月31日なのかというと、

「み(3)み(3)に一番(1)」や

「み(3)み(3)にいい日(1)」という語呂合わせからなんですね。

先日、三島でオーケストラの演奏会があったので、

珍しく足を運んでみました。

生の演奏は迫力があって、感動しましたよ!

たまにはいいなーと思いました。

 

本日のお話は、ここまでといたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

==================

 

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休 

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

   

お問い合わせお待ちしておりますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP