革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2024/03/21

【革カバン修理】パイソンレザーのバッグのカラーチェンジ2例

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

春になると、工房の周りで小鳥たちのさえずりが聞こえ始めます♪

うぐいすの声も聞こえ始めましたよ(*^-^*)

桜まだですかね~、毎日書いてしまいます!

 

さて、本日は、革カバンの修理から、

パイソンレザーのバッグのカラーチェンジを2例

ご紹介いたします。

どちらも、修理というよりも、施工によるリニューアルという方が

あっているかもしれないです(*^-^*)

では、ご覧ください!

 

<目次>

・1例目:パイソン模様を残さない黒へのカラーチェンジ

・2例目:パイソン模様を残したキャメルへのカラーチェンジ

・お問い合わせ先

 

===

 

■1例目は、

パイソンレザーの凹凸はそのままに、

色は模様を残さない黒へのカラーチェンジです。

 

【before】

お品物はこちら↓のバッグです。

パイソンレザー(蛇革)は、エキゾチックレザーの中でも、

ひときわ個性がありますね。

↓底や、内側に使われている革もすべてパイソンレザーです。

 

 

では、施工後をご覧ください。

【after】

パイソンの網目模様は黒に染めることで見えなくなりましたが、

特有の凹凸は残っています。

人それぞれではありますが、捉え方によっては、

黒にチェンジしたことで、使いやすくなったと言えるかもしれません。

ですが、さすがにパイソンレザーですね!

凹凸感だけでも、その個性や高級感がしっかり感じられます(*^-^*)

===

 

■2例目は、

元のパイソンレザーの模様もうっすら残し、

少し濃いめのキャメルにカラーチェンジする例です。

【before】

お品物はこちら↓のバッグです。

 

同じパイソンレザーでも、一例目のバッグとは

また異なる個性がありますね。

バッグの状態は、若干のうろこのめくれとすり傷がありますので、

傷などの部分補修とキャメルへのカラーチェンジを施工します。

 

では、施工後のお品物をご覧ください。

【after】

 

パイソンの模様も感じさせつつ、濃いめのキャメルカラーにチェンジしました。

このご依頼は、これからも使うことを考えて、

汚れが目立たないように濃いめのカラーにしたいが、

パイソンならではの模様も残したいというご要望でした。

実際に使ってみると、このようなお悩みがあるのですね。

 

パイソン模様を残す施工について

カラーチェンジの塗装で、元のパイソンの模様がどの程度残るかは、

作業をしてみないと何とも言えないところでしたので、

お客様にもその旨をご説明した上で施工を開始しました。

パイソンのような斑紋の模様が特長のレザーは、その風合いが重要ですので、

厚塗りが好ましくありません。

一方で、色付けするには、ある程度の塗膜が必要です。

当店はスプレーガンを使用した塗装ができますので、

筆塗りとは異なり、薄い膜の重ね塗装が可能です。

そのため、色出しと風合い残しのバランスを見ながら施工することができます。

 

本日は、パイソンレザーのバッグのカラーチェンジをご覧いただきました(*^-^*)

個性豊かなパイソンレザーですので、

濃い色にチェンジしても、しっかりとパイソン独特の特徴が残っていますよね。

 

このように、エキゾチックレザーも染め直し施工が可能ですので、

お使いになるシーンに合わせてリニューアルしたい、

などのご要望がありましたら、ご相談ください。

 

そして、仕上がりの色は、とても大切なポイントですよね。

方向性をお客様と共有し、丁寧に調色をおこなっていきますので、

ご安心ください( •̀ .̫ •́ )✧

 

本日のお話は、ここまでといたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 


お気に入りの革製品のケアやダメージなどの、ご相談、お悩みはございませんか?

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理・ケアに幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

==================

 

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休 

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

   

お問い合わせお待ちしておりますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP