革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2024/02/22

ホワイトハウスコックス、革の長財布のファスナー交換

こんにちは!

革研究所 三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

今日は2月22日ニャンニャンニャンで、猫の日(=・ω・=)ですね~。

「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」

という趣旨で制定されたのだそうですよ(^^)

 

さて、本題です!(*^-^*)

本日は、

ホワイトハウスコックスの

ジップラウンド長財布のファスナー交換

をご紹介いたします。

 

お品物はこちら↓のお財布です。

ホワイトハウスコックスの独特の風合いが感じられますね(*^-^*)

ご依頼の内容は、ファスナー交換です。

 

施工前の状態をご覧ください。

【before】

スライダーを動かして閉めようとしているのに、

閉めたと思った部分が開いてしまうという状態です。

エレメントがうまくかみ合わなくなっています。

 

今回は、引手の部品はそのまま使いますが、その他はすべて交換しますので、

いったん縫製をほどき、新しいファスナーを縫製し直します。

では、施工後をご覧ください。

【after】

新しいファスナーがきれいに縫製し直されています。

引手はオリジナルのものがきちんと付いていますね。

これで、また使えるお財布になりました!

お客様にも「閉まるようになった!」と満足いただきました(*^-^*)

 

お財布、バッグ、衣類など、革製品にもファスナーは多く使われています。

そして、今回のお品物のように、ファスナーだけに問題発生!ということは、よくあります。

特にお財布が閉まらないとなると、使えないですよね。

ファスナー以外の革の部分はエイジングでかっこよくなってきたのに.·´¯`(>▂<)´¯`·. 

そんな時には、ファスナー部分を修理して使いましょう!

革研究所では、革製品のファスナー修理にも対応しております(*^-^*)

 

ファスナーにもいろいろな素材がありまして、

先ほど紹介したものは金属でしたが、樹脂ファスナーもあります。

樹脂ファスナーの場合は、↓こんな感じのダメージよくありますよね。

  

↓↓after↓↓ 樹脂ファスナーも、もちろん交換できます!

 

↓こちらは、革のジャケットなどの衣類の例です。

本日の施工例でご紹介したお財布と同様に、かみ合わなくなってしまていますね。

このお品物の場合は、エレメント(レールみたいな部分)には問題がなく、

スライダー(動く部分)の交換だけで修理することができました。

 

ファスナー修理は、施工例でご紹介したように、

ファスナーの縫製をほどき、新しいものに交換して縫製し直す必要がある場合と、

一部の部品交換だけで済む場合があります。

部品交換のみで済む方が費用は抑えられますので、

施工の前に、お品物の状態を確認させていただいて、

費用も含めて最適な施工方法のご提案を行っています。

ですので、あきらめてしまう前に、ご相談ください(*^-^*)

 

ご紹介したジャケットのスライダー交換の施工ブログは、

こちらからご覧いただけます。

「革のジャケットのファスナー修理と染め直し」

 

お気に入りの革製品のケアやダメージなどの、ご相談、お悩みはございませんか?

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理・ケアに幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日のお品物はホワイトハウスコックスのお財布でしたね。

今日は、ホワイトハウスコックスの最近のニュースについてお話したいと思います。

 

ホワイトハウスコックスは、1875年に馬具商として創業した、イギリスを代表する高級革小物のブランドです。

そのホワイトハウスコックスですが、後継者がいないという理由で、2022年末で廃業する旨のお知らせが出ていました。

しかし、その後、2023年の6月に日本のバッグや財布メーカーの「株式会社ヤマニ」によって復活することになったのです。

ファンの方々にとってはうれしいニュースですよね(*^-^*)

ヤマニが商標権を買い取り、企画・生産・販売を行うとのこと。

どんな製品が発表されるか楽しみですね。

 

このような伝統的なブランドが、日本の企業で引き継がれていくということで、

嬉しい気持ちになりました。

日本にも多くの伝統的な技術がありますが、伝統を守りつつも進化を続けられるようにと

心から思います。

 

本日のお話はここまでといたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

==================

 

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休 

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP