革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2024/02/19

A-2レザーフライトジャケットへのパッチ縫製

こんにちは!

革研究所 三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

さて、本日は、

A-2レザーフライトジャケットへの

スコードロン・パッチ縫製

をご紹介いたします。

 

お品物はこちらの↓レザージャケットです。

さて、今回のご依頼は、このフライトジャケットの左胸に

スコードロン・パッチをの縫い付けたいという内容です。

そのパッチがこちら↓。

フライトジャケットのカスタムということで、

縫製を裏地に貫通させないようにしたいというご依頼です!

 

<目次>

・前説:A-2フライトジャケット、スコードロン・パッチとは?

・before:施工前の状態

・after:施工後の状態

・施工内容について

・お問い合わせ先

===

 

A-2フライトジャケット、スコードロン・パッチとは?

before/afterの前に、ちょっとお品物についてお話です。

「A-2フライトジャケット」は、第2次世界大戦中の1931年に、アメリカ陸軍航空軍団のフライトジャケットとして採用され、1943年まで作られていたジャケットです。

ご依頼のお品物は、その復刻版ですね。

かっこよいです(≧▽≦)

そして「スコードロン」とは、部隊編成の単位の一つで、日本語では「大隊」「中隊」などと訳されます。アメリカ空軍においては、単一の機種で構成された航空部隊のことで、「飛行隊」「飛行中隊」と呼ばれるんですね。

スコードロン・パッチは、その部隊章や、特別な作戦のマークなのだそうです。

このパッチに、たくさんのバリエーションがあり、

フライトジャケットのカスタマイズには欠かせないアイテムなんですね~。

詳しくないので、いろいろ調べてしまいました(≧▽≦)

ミリタリージャケットのコレクションやカスタムの世界が、

広くて深いということを認識いたしました!

===

 

前置きが超長くなってすいません!

お待たせしました!

施工前のご依頼品の状態を見ていきましょう~

【before】

もう一度、今回のご依頼の内容を説明していきます。

↓こちらのフライトジャケットに、

↓こちらのスコードロン・パッチを

↓この位置に縫い付けたいというご依頼です。

↓縫いつける位置の裏地がこちらです。

こちら側に縫い目が出ないようにしたいとのご依頼です。

===

 

では、施工後のお品物をご覧ください!

【after】

ご指定の左胸の位置に、スコードロン・パッチが付きました!

裏地にも縫い目が見えていないですね。

A-2フライトジャケットのカスタム完成です°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

お客様に仕上がりをご確認いただいたところ、

きれいな仕上がりにご満足いただくことができました。

ありがとうございます(≧▽≦)

次にカスタムする際、も是非お申し付けください。

どんなパッチになるのか楽しみです!

===

 

施工内容について

ワッペン(パッチ)の縫製には、裏地まで貫通して縫製する方法と、

一旦裏地をほどいて外側の革のみにワッペンを縫製する方法があります。

裏地まで貫通して縫製する方法は、作業工程が少ないため、費用も安く済みますが、裏地が引っ張られるなど、見た目だけでなく、着心地の面でデメリットがあります。

今回は、お客様から、裏地に貫通しないようにワッペンを縫製したいとのご依頼ですので、

いったん裏地をほどいて縫い付けを行います。

 

ワッペンの縫い付け位置については、下記のようにお客様に位置を確認し、

了解をいただいてから作業を進めます。

 

また、縫い付けるワッペンは、革製で表面をペイントされており、縫製には最新の注意が必要です。

縫製職人からは、いくつか注意点が出されました。

・糸穴のスキ間から革素材の色(今回は白色)が見える可能性がある。

・ペイントされている部分を縫うため、ペイントにヒビが入る可能性がある。

・裏地を部分的に解き、再縫製するため、元の糸の色、太さと若干変わる可能性がある。

これらの注意点についても、事前にお客様にご了解を得て、縫製を進めます。


実際の縫製では、ペイントのヒビ割れは発生しませんでした。

見る角度によっては、糸穴のスキ間が白く見えますが、気になるほどではなく、

お客様にも満足いただける仕上がりになりました。

 

今回のご依頼のように、補修ではなく革製品のカスタムもお受けしております!

当店では、お客様のお困りごとやご要望に、できる限り対応したいと考えておりますので、

遠慮なくご相談ください( •̀ .̫ •́ )✧

 


お気に入りの革製品のケアやダメージなどの、ご相談、お悩みはございませんか?

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理・ケアに幅広く対応いたします(^^)/ 

革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

==================

 

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休 

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP