革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2024/01/28

【グッチ】バッグの革の角スレ補修

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

さて、本日は、

グッチ、ショルダーバッグの革の角スレ補修

をご紹介いたします。

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

お品物はこちら↓の、GGキャンバスのショルダーバッグです。

バッグのコーナーや開口部は、使うことで擦れたり、ぶつけたりしやすい箇所ですので、

耐久性のある革が使われていて、デザインとしても素敵ですよね(*^-^*)

 

使っていくうちに、この革の部分にどうしてもスレ傷などのダメージが出てきます。

コーナーと開口部のスレ傷がこちら↓です。

コーナー部分はひび割れも発生していますね。

でも、ご安心ください!

このような革のスレ傷やひび割れは補修することができます( •̀ .̫ •́ )✧

革ですので、メンテナンスすることで、長くお使いいただけますよ(*^-^*)

 

では、施工後をご覧ください。

【after】

いかがでしょう。

専用の補修液で表面を滑らかに補修し、染め直しを施すことで、

美しい革の艶が復活しました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

きれいなバッグで、お出かけするのが楽しみになりますね(. ❛ ᴗ ❛.)

 

ご紹介したような、キャンバス生地と革を組み合わせたデザインのバッグは、かなり多いですよね。

デザインのアクセントとして素敵であることはもちろんですが、

革が使われている部分は、バッグのコーナーや持ち手、開口部、底など、使うことで擦れたり、ぶつかったりする場所です。

これは、革が耐久性があり、傷がついてもケアすることで再生できる素材だからに他ならないでしょう。

°˖✧革°✧˖°って、改めて素晴らしい素材ですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 


ちょこっとお茶の時間です(*^-^*)

今日は、革×別素材のバッグの施工例をご紹介したので、

ここからも、革×別素材を組み合わせたデザインのバッグの施工例をご紹介しますね。

一緒に、その場所が皮でよかった~!と、思いましょう(^_-)db(-_^)

 

1例目はこちら↓、コーチのボストンバッグです。

やはり、持ち手、コーナー、開口部に革が使われていますね。

ここが布生地だったら、、破れたらおしまいです⊙﹏⊙∥

革でよかった~(≧▽≦)

そして、この革はヌメ革ですので、使い込めば使い込むほど、深みのある表情になっていきます。

とはいえ、使っている途中で水にぬれたりしてシミが気になったりもしますので、我慢できなければ補修しながら使うのもありですよね。

このお品物は、シミを目立たなくしたいということで、あえてアメ色に近づけるような補修を行いました。

アメ色補修の詳細をご覧になりたい方はこちらです。

「【コーチ】ボストンバッグのシミを目立たなくするアメ色補修」

 

2例目はこちら↓、コーチのバッグです。

こちらもやはり、コーナー、持ち手などが革ですね。

そして、↓こんな感じでコーナーにスレ傷があります。

ここが布生地だったら、どうなっていたでしょう⊙﹏⊙∥

革でよかった~(≧▽≦)

ちょっとおおげさでしょうか(^^;

もしも布生地で破れてしまったら、あて革をしてリメイクするなどもありかもしれないですね。

ちなみに、本日の施工例と同様に、スレ傷補修すると、

このようにきれいになります°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

というわけで、

「革」という素材はデザインにも耐久性にも優れていることを改めて確認してみました。

さらに、補修して使い続けられるのですから、今の時代にピッタリな

サステナブルな素材ということですね(*^-^*)

 

本日のお話はここまでといたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 


お気に入りの革製品のケアやダメージなどの、ご相談、お悩みはございませんか?

革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理・ケアに幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休 

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP