革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2024/01/22

革のブーツのスレ傷、ひび割れ、色褪せの補修と染め直し

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

今日、1月22日は「カレーの日」なんですね!

みんな大好きカレーライス♪

1982年に全国学校栄養士協議会が、子供たちに人気のカレーを全国の学校給食のメニューとして提供するよう呼びかけたことにちなんでいるそうです。

今日の献立にお悩みの方は、カレーライスにしますか~(*^-^*)

 

さて、本日は、

ダメージが非常に強い、革のブーツの

色落ち、スレ傷、ひび割れなどなどの補修と染め直し

をご紹介いたします。

 

そのブーツがこちら↓。

何を隠そう私が20年以上愛用しているブーツでございます。

だいぶんくたびれてしまったため、最近は履いてなかったのですが、

履き心地もデザインも大好きなブーツなので、このままあきらめたくないなと思ったのと、

こんなにダメージがあっても、補修できれいになりますよっ

というところを見ていただきたい!ということで、全体補修を行い、

みなさまにご紹介する運びとなりましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

そして今回の補修では、異なる質感の仕上がりを2パターンご紹介します。

みなさま一人一人に、お好みの質感があると思いますが、それを伝えるのは、結構難しいことだなと、常々感じています。

ですので、同じ品物での質感違いを比較してみてもらって、「どっちが好き!」といったように、感じていただけるといいなと思います。

そうすることで、みなさまがお持ちの革製品も、「この財布は、こんな風になったらいいな」とか、

「このバッグは、もうちょっと印象を変えてみたいな」とか、いろいろと思いを巡らせていただけたら嬉しいです(*^-^*)

 

前置きがながくなってしまいました!!

では、施工前のブーツの状態を見ていきましょう。

【before】

つま先は、スレすぎて色がなくなり、ガサガサです。

 

 

もうちょっと拡大して見ましょう。

ひび割れが広がっているのがわかります。

もう革の艶がありませんね。

 

全体的に色褪せて白っぽくなっています。

折れ曲がる部分は特に色がなくなっています。

 

かかとの部分も同様の状態です。

というわけで、ダメージが非常に激しい状態でした。

こなれた感じがかっこいいと思っていましたが、さすがにダメージが厳しくなってきましたので、

補修して、また履けるようにしますよ!

 

では、施工後です。

【after】

まずは、異なる質感の仕上がり2パターンをご覧ください。

<パターン1:光沢感(ぴかぴか)を重視>

 

<パターン2:光沢を抑えたマット感を重視>

 

アングルが違っていてすいませんが、パターン1と2で仕上がりの雰囲気がかなり異なりますよね。

革製品の使用目的や、革の素材やデザインによっても、それぞれに好みが出てくると思います。

ちなみに私の場合は、このブーツに関してはパターン2が好みだったので、その方向で仕上げました。

マット感のある方向性で仕上げた完成品がこちらです。

 

いかがでしょう!

施工前のあの激しいダメージが、補修と染め直しで、

見違えるようにきれいに蘇りました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

これで、また履けると思うと嬉しいです♪(≧▽≦)♪

 

お客様から補修を承った際には、仕上がりの方向性についてご要望を良くお聞きし、もしも迷う場合は、いくつかご提案をしたりしながら、施工内容を決めていきます。

ですので、安心してご相談ください(*^-^*)

 

みなさまのお気に入りの革製品のお手入れはお済ですか?

ご自身でのケアが難しいときには、あきらめてしまう前に、革研究所にご相談ください。

大切な革製品と共に、2024年を気持ちよくスタートしましょう~(^O^)/

 


革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休 

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP