革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/12/31

野球のグローブをヒントに!コーチの革のバッグ施工

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

2023年大晦日です!

みなさまいかがお過ごしでしょうか~。

今年も様々な出来事がありましたね!

個人的には、毎日のようにパワーをくれた大谷翔平さんの活躍が印象深い年でした。

来年もまた、新しいチームでどんな活躍を見せてくれるかと思うと、わくわくします(*^^*)

そして年末には、大谷サンタさんから日本全国の約20,000校の小学校に、ジュニアグローブが寄贈されましたよね。

子供たちの笑顔のニュースを見て、また幸せな気持ちになりました♡

デコピンは世界一幸せな犬ですね∪^ェ^∪

 

そんな中、、今年最後のブログに何を書こうかなーと考えていたわけですが、、

大谷翔平さんの活躍から連想ゲームすることにしました(≧▽≦)

行きますよ~!

2023年大谷翔平さんの凄い活躍!→グローブ寄贈のニュース→グローブの素材は革→

コーチは野球のグローブからヒントを得て独自の革を開発!これだね(*^^)v

というわけで、これまでご紹介したコーチのバッグの施工例を再度掲載した後に、

野球グローブの革のお話をしていきたいと思います(*^^*)

 

まずは、コーチの革製品の施工例をご覧ください!

・バッグコーナーのスレ補修

ちょっとした傷も早めの補修が、永く使うための秘訣です。

before

after

・バッグのカラーチェンジ

がらりとカラーをチェンジすることも可能です。

汚れを除去して染め直すことで、革の艶も蘇ります。

before

 

after

 

ちょっと気になるキズや擦れの補修から、カラーチェンジまで、広く対応いたします!

お気に入りの革製品のお手入れはお済ですか?

ご自身でのケアが難しいときには、革研究所にご相談ください!

大切な革製品と共に、2024年を気持ちよくスタートしましょう~(^O^)/

 

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

※年末年始もご相談・お見積りを承ります!

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

ではここからは、野球のグローブをテーマにお話してみたいと思います。

 

コーチオリジナルのレザーである「クラブタンレザー」は、創業以来、長年使い続けられる製品を作れないかと研究を続け、1961年に、柔らかな質感の野球グローブをヒントに開発されました。

「使い込まれた野球グローブのように、しなやかで風合いのある、光沢が美しいレザーを作りたい。」

という、コーチの職人たちの思い・情熱が生み出したレザーなのです。

 

ヒントとなった野球のグローブについて見ていきましょう。

野球に欠かせないグローブやミットの素材にも様々なものがありますが、

競技用は主に牛革などの天然皮革が使われています。

野球のグローブに求められる機能性に天然の革はピッタリはまる素材なんです!

 

その機能性はというと、、

まずは耐久性です。

グローブは何万回という捕球にも耐えて、かつプレイヤーの手を保護しなければなりません。

特に捕球することが多いキャッチャーミットやファーストミットは、軽くて耐久性の高いものが要求されます。キャッチャーミットは、大谷選手のようなピッチャーの投げる豪速球を受け止めるのですから、耐久性の高さは必須ですよね。

 

次に、弾力性。

グローブはボールを的確に掴まなくてはなりませんよね。

鋭い打球、ポテポテ弾む球、どんなボールでも正確に素早く掴むには、ボールの回転や勢いを吸収するための弾力性が欠かせません。

 

さらに、柔軟性。

ボールを掴んだ後は、素早く次の行動を起こす必要があります。

グローブを体の一部のように扱うためには、複雑な手の動きを邪魔せず動ける柔軟性が欠かせません。

特に内野手用グローブは、様々な種類の球さばきに対応するため、手と一体となって扱えるしなやかさやフィット感が要求されます。


球を、受け止める、つかむ、さばく、などの動きに革のグローブが欠かせないんですね!

 

また、野球のグローブの革は、染め方に特徴があります。

動物の原皮から革にするために、なめすという工程を経て、染色などの加工をして仕上げていくのですが、野球のグローブに使う革の特徴として、「半芯通し」という染め方があります。

革の色付けには、繊維の奥までしみこませる「染料」と、表面に色を乗せる「顔料」がありますが、顔料は革の表面に塗膜を作るため、ボールの勢いを止めねばならないグローブには使用されないのが一般的です。

じゃ、染料ですねということなのですが、革の芯まで染料が入ってしまうと、革の繊維が弱くなって強度が落ちてしまうんです。なので、染料を芯まで入れない「半芯通し」という染め方が用いられるのだそうです。

グローブの革の断面が白いのは野球グローブの特徴なんですって!!

 

野球を見るときに、選手がどんなグローブを使っているのかをみるのも、楽しみが増えてよいかもしれませんね!

ちなみに大谷選手はニューバランスと契約していますね。

今回の小学校への寄贈のプレスリリースが、ニューバランスジャパンのHPに出ています!

野球と革がつながって、嬉しいです♡

 

本日のお話はここまでといたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

みなさま、2023年お疲れさまでした!

来年も良いサービスをお届けしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください!!

P.S. 明日もブログ更新します(*^-^*)

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休 ※年末年始もご相談・お見積りを承ります!

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP