革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/10/04

エナメル製品のお手入れと補修

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です。

 

みなさま、食欲の秋満喫されてますか~?(^-^)

急に栗が食べたくなってきた(独り言です、ふふ)

 

さて!本日は、

エナメル製品のお手入れ 補修

についてご紹介いたします!

 

エナメルといえば、独特の光沢や質感が魅力ですよね♡

デニムにエナメルのパンプスやバッグを合わせたコーデなんていうのも素敵ですし、

もちろんフォーマルなシーンでは、エナメルの輝きがより一層雰囲気を盛り上げてくれます°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

エナメル製品の特長と弱点

そんなエナメルも革製品です。

革の表面にウレタン樹脂等を塗布してツヤツヤに仕上げています。

 

このため、エナメル革は雨や水気に強く、汚れにくいという特長を持った機能的な素材なのです。

とはいえ、弱点はあります。

高温多湿や無理な曲げに弱い、傷の補修が難しい、色移りしやすい、といった点。

 

エナメル製品で、こんな経験ありませんか?

 

コーティングの剥がれやべたつき、

使うときに曲がる部分にできてしまう深いしわ、

新聞紙に包んでいたらくっついて跡が残った、、

などなど

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン ですよねっ。

 

エナメル製品の劣化を予防するには?

なるべく風通しの良い場所での保管や、定期的なお手入れが重要です。

保管の際は、余分な水分を取り除いて、定期的に換気する。

防虫剤と一緒にすると化学反応で変色やべたつきの原因になる可能性があるので避ける。

定期的に表面の汚れを落とし、エナメル用のローションなどでヒビ割れ予防やつや出しをする。

といった具合ですね。

 

エナメル製品のトラブルと補修の事例ご紹介

ちゃんとお手入れしていても、使っているうちに、どうしてもダメージが出てきて、

自分では補修できなくなることもあります。

 

でも、あきらめないでください!!

お気に入りのエナメル製品が、

革研究所の補修施工で蘇りますよ!

 

エナメルのパンプス補修施工例【before/after】をご覧ください。

【before】

 

 

 

【after】

 

 

 

 

いかがでしょう。

エナメルの質感が蘇っています!

使うのが楽しみになりますよね♪(^^)♪

 

このチャコールグレーのパンプスは、、、

実は私のです(〃▽〃)ポッ

キリっと気合を入れたいときに履いてましたが、しばらく保管したままになっていました。

久しぶりに出してみたところ、全体がくすんで輝きがなく、爪先部分に汚れが。。

まさに、Σ( ̄ロ ̄lll)ガーンだったのですが、

補修施工で蘇ってウキウキです(^o^)

 

実際の施工は、以下のようになります。

1.エナメル表面と革の状態の観察

今回のお品物は小傷程度で、革自体の損傷はないのですが、エナメルの艶感がなく、本来のエナメルの良さが失われてしまっている状態です。

2.まずは、靴底と内側のマスキングです。

境目が非常に狭く、マスキングに時間がかかります。(一苦労)

3.全体を清浄

専用クリーニング液で全体を清浄します。

4.やすりかけ

エナメル塗装の密着力を高めるため、微妙なタッチで表面をやすりかけします。

5.着色(顔料で塗装)

オリジナルに近い茶系のグレイッシュなカラーに調色。

6.もう一度やすりかけ

上塗りするエナメルを均一にするため、着色した表面を慎重にやすりかけして平滑にします。

7.エナメル塗装

エナメルの大敵である”ほこり”つかないように慎重に塗装します。

8.乾燥

”ほこり”防止のため、密閉環境で一昼夜乾燥。

※本来のエナメルの艶感を取り戻すことができました。 

 

革研究所三島伊豆店の林田店長が、

みなさんのお悩みやご要望を真摯にお聞きして、丁寧にコミュニケーションしながら進めます。

施工についても詳しく説明し、

ご納得いただいてから施工を開始しますので、ご安心ください。

施工後のお手入れの方法なども

納品の際に説明させていただきますので、

わからないことがあれば、

お気軽にお尋ねください\(^^)/

 

また、状態によって、クオリティ、納期、料金に違いがあります。

ダメージが少ない段階のほうが、ご負担も少なくなりますので、まだ早いかな?と思っても、ご相談いただけると嬉しいです。

 


今回は、エナメル製品の補修についてご紹介しました。

これに限らず、革製品のトラブルでお困りの際は、ぜひご相談ください。

 

「こんな対応できますか?」

「これはどうしたらいいの?」などなど、

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

お電話の場合、お話だけではダメージの状態がわからないので、気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

「実際にものを見せながら相談したい」などのご要望がありましたら、訪問見積りなども対応させていただきますので、ご相談ください。

 

ご相談、お見積りは、

もちろん無料です♪(^^)♪

 

とにかく、どんなご要望もあきらめずに

一度ご相談いただけると嬉しいです!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、

革研究所三島伊豆店ホームページ上部の

LINEアイコンを押して

友達登録してくださいね。

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

 

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP