革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/12/18

革のズボンカバー、チャップスのサイズ補修

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

急に冷え込みましたね~(≧▽≦)さぶさぶ

体調気をつけましょうね~

 

さて、本日の施工例は、

革のズボンカバー、チャップスのサイズ補修です。

 

ご相談の内容は、昔購入したチャップスで、あまり履いてなかったそうなのですが、使おうとしたら、太ももが入らないということで、サイズを大きく調整できないかということです。

いくつか、革修理のお店を回って相談したそうなのですが、引き受けてもらえなかったとのこと。

珍しいお品物だったので、興味深々です(^O^)

お客様とお話をして、マチを付ける方向でお引き受けすることにしました!

 

チャップスって何?!って思う方も多いですよね!

施工例の後に、その辺のお話も入れますので、最後まで是非ご覧くださいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

お品物はこちらのチャップスです。

こちら、ベルトで腰に固定してから、両足ズボンに巻いてファスナーで閉じて履くのですが、

この太ももの周辺がサイズが小さくてファスナーが閉まらないということです。

マチを作って手縫いで革を継ぎ足して、サイズを広げることで対応することにしました!

 

では、施工後のお品物をご覧ください。

【after】

このように、両足にV字の革のマチを手縫いで継ぎ足しました!

(完了後の全体写真を保存し忘れてしまいました( ;∀;)ので、写真はこの1枚です。)

 

完成品をお客様に着用していただいたところ、ご要望のサイズに仕上がっており、喜んでいただきました!

これから使いますとのことでした。よかったです~~~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

施工内容について

今回のお品物は、サイズを大きくする施工です。

まずは、お客様にチャップスを着用いただいて、必要なマチの幅、長さを測定しました。

お品物と同様の革で測定したサイズのマチを作り、手縫いで革を継ぎ足します。

こちらが、施工の様子です↓

サドルステッチで、丁寧に縫い合わせていますよ!

 

今回の施工例のような、できるかなーと悩むような内容でも、お話を伺って柔軟に対応方法をご提案しますので、革製品のお悩みはあきらめずに、お話聞かせてください!!

 

革製品のお悩みは、お気軽にご相談ください。(p≧w≦q)

バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、施工例でご紹介した”チャップス”からお話をしてみたいと思います。

もう一度、こちらがチャップスです!

 

チャップスとは、ズボンの上から履く特別なパンツのことで、主に防寒や身体の保護を目的として使用されます。

多くは革製で、カウボーイが灌木や棘から身を守るために使用したことが起源です。

現在では、バイク乗りやチェンソー作業者が切創防止用として着用することもあります。

ハーレーダビッドソンなどのライダーがレザージャケットと一緒に装着することもあって、ファッションにもなっていますね。

写真のお品物もフリンジが付いていて、かっこいいですね~♡

 

今回のお客様は、カウボーイがお好きで、ご自身も毎年コロラドに行って、馬に乗って牛追いをされていたのだそうです。

日本でも富士山のすそ野で馬に乗られるのだそうですよ~。かっこいいー(≧▽≦)

その際には、チャップスと合わせて、少し踵のあるブーツをはくとのことで、チャップスはかなり丈が長かったです!

 

カウボーイとは、主にアメリカ西部の牧畜農場で馬に乗り、牛の世話をする男たちのことです。

西部劇のイメージが強いですね!

確かに、西部劇のカウボーイはひらひらフリンジのチャップスを装着し、ギザギザのついたブーツを履いて、腰にピストルって感じです~~

 

馬と言えば、乗馬もありますが、その際に履く、足首から膝下までを覆うチャップスもありますよね。

カウボーイのチャップスの雰囲気とは全くことなっていて、おもしろいです。

私は登山が好きで、まさに乗馬のチャップスと同じようにゲーターというものを装着することがあるのですが、なぜ、呼び方が違うのかしら?とふと思いました。

調べてみようと思いますが、、本日はここまでといたします(*^-^*)

 

ブログでは、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるような情報を掲載しております。ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP