革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/12/16

ボッテガ・ヴェネタのオレンジ長財布の染め直し

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

さて、本日の施工例は、

ボッテガ・ヴェネタのオレンジ長財布の染め直しです。

 

ご依頼は、全体の汚れや傷の補修と、蓋部分のフリンジ風のデザイン部分のカラーを別色で遊んでみてくださいというものです。

どんな仕上がりになるかお楽しみに(^^)

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

 

全体的に色が褪せて黒ずみが出ています。

所々にペンの後やひっかき傷がありますが、破れなどの大きなダメージはありません。

蓋部分のフリンジのようにデザインされている革の部分を別の色で遊んでみる、というご要望については、悩みに悩んで決めますっ(*^-^*)

 

では、施工後をご覧ください。

【after】

いかがでしょう。

染め直しによって色褪せ、黒ずみが解消され、

しっとりと美しい革の質感と鮮やかなオレンジがよみがえりました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

そして、問題の遊びの色は、ターコイズです。

オレンジとターコイズの組み合わせは、解放感があって、エネルギーにあふれていると思い、ご提案しました。

お客様には一言「いいじゃない」とおっしゃっていただきました(*^-^*)

これからも、ながーーくお使いいただけると嬉しいです♪

 

今回の例のように、全体のカラーチェンジではなく、一部分を変えてみたいなどのご要望も、もしありましたらご相談ください。一緒に考えるのも楽しいです!!

 

革製品のお悩みは、お気軽にご相談ください。(p≧w≦q)

バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、昨日のブログのお茶のお話「プレミアムブランドと日本文化」の続きです。

前半のお話はこちらのブログです→「エルメスのバッグ、バーキンのスレ傷補修と染め直し」

 

では、さっそく、プレミアムブランドと日本文化のお話の続きです(*^-^*)

昨日は、日本は、時代の変化が短期間に凝縮された高度成長期を経験し、その後、物があふれる中で育った若者たちは、消費に対して、世界的にみても高い鑑識眼を持っているというところまででしたね。

 

本日は、なぜ日本はそうなったでしょうねえ。というお話です。

歴史的な背景を見ていくと、プレミアムブランドを生み育てたフランスパリと、日本との、文化的伝統の共通性を説く方もいるそうですよ。

エルメスをはじめとする一部のプレミアムブランドの、何にでも合わせやすいシンプルさを追求した美は、簡素さを重視する禅の文化につながるという考えですね~。面白いです。

幕末に来日した外国人の記録によると、日本人の簡素な趣味や、小物の細工のすばらしさなどが、中国の絢爛豪華と比較して強調されているのだそうですよ。

 

エルメス・ジャポンの社長は、日本には職人や物の文化があるのでエルメスが受け入れられるのは当然、と話していたのだそう。

また、エルメスの顧客の間では、利休が秀吉の来訪の際に彼が賞賛していた朝顔が咲き誇る垣根をすべて取り除いて、一輪だけ茶室にいけたというエピソードを、エルメスの簡素な華やかさを表現する際によく引き合いに出すのだそう。ワビサビですね~。

 

そもそも日本には着物の文化があり、さらには茶道や華道では家元というブランドがあります。

そして、着物、茶道具、花器などは、作り手や家元の「銘」が入るかどうかでその価値が違ってきます。

日本文化に造詣の深い方によれば、日本でプレミアムブランドが需要されるのは、こういった伝統のためだろうとのことですよ。なるほどなるほど(≧▽≦)

「銘」の文化になれた眼には、欧米のブランド品はわかりやすい銘そのもので、値段が高いと言っても、着物とか茶道具に比べたらずっとお手頃。なので、日本では若い世代までもが、プレミアムブランドを持つことに、そんなに違和感がないのではないか、という考察です。

 

革製品のブランドのことをもっと知ろうと調べていくうちに、こんな風に世界の文化や伝統にもつながっていって、興味深いですね~。

 

昨日に続き2日連続でプレミアムブランドと日本文化のお話でした!

ご覧いただきありがとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

ブログでは、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるような情報を掲載しております。ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、湘南、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP