革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/12/11

ボッテガ・ヴェネタ長財布の染め直し

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

暖かい週末でしたねーーー。

今日の富士山は、絵画のようなふんわりした色ですよ。

また、後ろのほうにおまけの写真つけておきますね(^^)

 

さて、本日の施工例は、

ボッテガ・ヴェネタのブラウンの長財布の染め直しです。

ご相談の内容は、昔使っていた財布で使い勝手が良かったが同じデザインが手に入らないので、きれいにならないかということです。

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

外側も内側も全体的に革が擦れて白っぽい状態になっています。

破れなどの大きなダメージはないのですが、内側のボタンが当たる部分は、革がはげたようになっていますね。

 

革の擦れが気になる箇所の部分的な補修と、全体染め直しの施工を行います。

 

では、施工後をご覧ください。

【after】

 

いかがでしょう。

使い込まれた革の風合いはそのままに、

ブラウンの発色が復活し、革のしっとりとした艶が蘇りました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

お気に入りのお財布、もう一度気持ちよくお使いいただけると嬉しいです(*^-^*)

 

 

革製品のお悩みは、お気軽にご相談ください。(p≧w≦q)

バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

もうすぐクリスマスですね🎅🎄✨

人気のクリスマスプレゼントとして、お財布は常に上位に登場するアイテム。

特に男性へのプレゼントとして、革のキーケースやお財布は、不動の人気があるようです!

 

そんな革のお財布の歴史が気になりまして、、

本日は、日本の革のお財布の歴史についてお話したと思います(*^-^*)

 

財布は、お金と共に大切な小物を持ち運ぶものとして、衣服の変化やお金の形の変化や、流行などに合わせて様々なデザインが生まれました。

 

その始まりは、巾着型と言われているそうです。

昔から砂金や銅銭を入れる袋は存在していたのですが、金銭を携帯する風習は近世からなのだそう。近世といっても江戸時代とかですね。

江戸時代には、小判や藩札などの紙幣をいれるため、巾着の他に紙入れも使われるようになります。

紙入れは、鼻紙入れとも呼ばれ、鼻紙や薬などを持ち運ぶための入れ物で、布や革製だったそうですよ。昔からティッシュはお出かけの際に持ち歩いていたんですね~(^^)

そして、好みによって三徳や鼻紙差し、箱追型(はこせこがた)などなど、いろんな形、デザインが登場します。

箱追型のものは、武家の女性が、お金や懐紙(現在のティッシュ)、鏡や紅などを入れて外出時に持ち運んだそうですよ。現代のお化粧ポーチですね~。デザインも素敵なものがいろいろあったようです。

江戸時代って、豊かだな~って思います。

 

そして、財布の形も、胴乱、早道、袂落としといったような様々な形がありました。

着物ですので、帯に引っかけるタイプが多かったみたいですね。

胴乱は、印籠のように根付などで腰に下げるタイプ。はじめは鉄砲の弾丸入れとして使われていたようですが、のちに、お金や薬を入れるようになったのだそうです。

早道(はやみち)は、胴乱よりも小型で、小銭入れとして使われました。このデザインかっこいいなーと思いました!今でも使えそう~。

これらの財布の素材としては、布や織物、そして革も使われています。

革には金箔をはって、模様を施し、さらに色彩を施したものなど、大変凝ったデザインもありました!

 

江戸時代このような財布や袋物は、小間物屋や袋物所というお店で売られていました。

江戸土産としても買い求められたんですね~。

江戸時代の江戸ショッピングガイドともいえる「江戸買物独案内」というものがあり、袋物を扱うお店が100軒以上掲載されているそうですよ!

今の楽しいお買い物と同じですね~♪

 

いろんなお財布の名称が出てきましたね。

興味のある方は、是非調べてみてくださいね(*^-^*)

 

今年のクリスマスプレゼントは、もう決めていますか?

施工例でご紹介した革のお財布のように、お気に入りの革製品を蘇らせるのも、良いプレゼントになりそうですよね~。

 

本日のお話はここまでといたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

おまけ:今朝の富士山

ブログでは、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるような情報を掲載しております。ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP