革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/11/30

ボッテガ・ヴェネタ長財布の補修・染め直し

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

11月最終日です!北風が冷たいですね~(≧▽≦)

体調管理気を付けてまいりましょ~

 

さて、本日の施工例は、

ボッテガ・ヴェネタ長財布の補修・染め直しです。

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

ボッテガ・ヴェネタのブラックの長財布です。

大きなダメージはありませんが、ストレスのかかる折り曲げ部分の角が擦れて、革がはがれています。

また、全体的に艶がなくなって、くすんでいる状態です。

 

スレ修復と染め直しできれいにしていきます!

 

では、施工後をご覧ください。

【after】

いかがでしょう!

折れ曲げ部分の擦れ傷がきれいに修復されています。

ボッテガ・ヴェネタの柔らかい革の感じはそのままに、

全体染め直しで、色、革の艶が復活しました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

まだまだ活躍できそうですね!!(*^-^*)

 

革製品のお手入れ・補修は、早めがおすすめです。ダメージが広がる前に補修することで、その後も永くお使いいただけますよ。

もちろんダメージが大きい場合でも、しっかり修理いたしますので、革製品のお悩みは、お気軽にご相談ください。(p≧w≦q)

 

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、ボッテガ・ヴェネタのイントレチャートに主に使われている革についてのお話です。

 

ボッテガ・ヴェネタのイントレチャートは、主にカーフスキンとラムスキンが使われています。

どちらもメジャーな革なのですが、今日は改めて、その特徴を見ていきたいと思います(^O^)

 

まずは、カーフスキン。

こちらは牛の革で、生後6か月以内の仔牛の革のことです。傷が少なく、きめ細かいため、表面が非常になめらかで美しく、上質な質感を出せるのが特徴です。

 

牛革の原皮のバリエーションは、成長状況により、その呼び名が変わります。

生後6か月を過ぎ1年くらいまでのものはキップスキンと呼ばれ、カーフに近いきめ細かさがありつつも、繊維の密度が高くなっていることから、比較的丈夫でしっかりとしています。

ヨーロッパなどでは、カーフとキップの区別がない場合もあるそうですよ。

 

そして、3~6か月程度で去勢され、生後2年以上が経過した成牛の皮がステアハイド。ステアハイドは、最も一般的な食肉用牛の皮で、革の流通量としては、一番多いのだそうです。

その他にも、ブルハイド(去勢されずに生後2年以上が経過した雄の成牛の皮)や、カウハイド(生後2年以上のメスの成牛の皮)などもあり、それぞれ特徴が異なります。

革製品は使う用途に応じて、目的にあった皮を使って作られているんですね~。

 

牛皮はこのほかにも、ハラコと呼ばれる非常に希少な牛の胎児の皮や、毛付きと呼ばれる毛が付いたままの皮で、トラやキリンなどのアニマルプリント仕上げに使うもの、さらには、地生と呼ばれる日本国内の食肉加工場から仕入れる原皮や、バッファーローと呼ばれる水牛の皮もバリエーションとしてあります。

 

牛の革ひとつとっても、こんなにバリエーションがあるんですね~

 

で、お話の中で、「皮」と「革」を使い分けているつもりですが、間違ってたらごめんなさいね!

いつぞやのブログにも書いたような記憶がありますが、簡単にご紹介しておきますね。

「皮」は文字通り、動物の皮のこと。そして「革」は、動物の皮を様々な革製品に使用可能な素材に加工したものです。

 

そして、お話をもとに戻しますと、、ボッテガ・ヴェネタのイントレチャートで使われている革のもう一つがラムスキンですね~。

こちらは仔羊の皮です。きめ細やかで、ふんわりと柔らかくしっとりとした感触があるのが特徴。手袋やジャケットなどの衣類によく使われる素材です。

 

山羊革と羊革の原皮のバリエーションもいろいろありますね~。

一般的な大人の山羊の革がゴート、仔山羊の革がキッド。そして、大人の羊の革がシープで、仔羊がラムです。さらに、みんさんも耳にしたことがあるに違いないムートンは、羊を毛付きのまま鞣して毛を刈り込んで整えた毛皮です。

 

革の材料は、牛や山羊、羊以外にもたくさんありますが、さらにその成長の状況などによっても、異なる特徴を持っているんですね~

 

革の世界は深いです(≧▽≦)

それぞれの革の特徴に合わせた革製品があり、経年変化の仕方やお手入れの方法もそれぞれなのですから、面白いですね(*^-^*)

みなさまがお持ちの革製品も、成り立ちをたどると、さらに愛着がわくかもです!

 

本日のお話はここまでといたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

ブログでは、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるような情報を掲載しております。ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP