革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/11/24

革のジャケットのキズ補修とカラーチェンジ

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

飛び石連休ですね~いかがお過ごしですか?

私はせっせとブログ書いてます( ..)φかきかき

 

さて、本日の施工例は、

革のジャケットのキズ補修とカラーチェンジです。

色褪せた革のジャケットが、カラーチェンジでどのように生まれ変わるでしょうか!!

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

かなり色褪せが進み、元の色はほとんど分からない状態です。

さらに、所々に傷があります。

 

傷の補修とカラーチェンジできれいにしていきましょう!!

では、施工後をご覧ください。

【after】

いかがでしょう!

色は、オレンジがかったピンクだったということで、塗料を調色して塗装し、

傷はわからなくなるまで埋めて補修しました。

明るいコーラルピンクにカラーチェンジです♪ 

ハッピーな雰囲気ですね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

寒い季節はもちろんですが、春先まで活躍しそうです(*^-^*)

 

革の衣類の冬支度は進んでいますか~(^^)

寒くなる季節に備えて、革のジャケットやコートなどのお手入れ、補修、まだまだ間に合います。

 

大切な革製品のお手入れ、補修は、革研究所が全力でサポートいたしますので、

お気軽にご相談ください(p≧w≦q)

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、

革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、革のジャケットをテーマにおしゃべりをはじめたいと思います。

 

革を使った衣服が着られたのは、諸説あるそうですが、アメリカの先住民が起源だと言われています。

そして、現在の革のジャケットの起源と言えば、第一次世界大戦の終盤の1918年に、ドイツ軍の戦闘機のパイロットのアウターとして採用されたことが起源であるというのが世界的な定説なのだそう。

軍人が着ていたフライトジャケットがはじまりということですね。

 

そして、革のジャケットの歴史に欠かせないブランドが、ライダースジャケットの代名詞ともいえるShott(ショット)です。

ここからは、Shottについて見ていきましょう~。

革ジャンを思い浮かべてみてと言われたら、多くの人がこのShottの革ジャンを思い描くに違いないですよ~(*^-^*)

 

Shottは、1913年、ニューヨークでアーヴィン・ショットとジャック・ショットの兄弟によって始まりました。
当初はレインコートをつくる工場でしたが、1928年に世界で初めてフロントジッパーを採用したライダースジャケット「Perfecto」シリーズを発売します。

その当時アメリカでは、ハーレーダビッドソンをはじめとするモーターバイクの人気が過熱していました。ですが、バイカーたちが着るジャケットがなかったんですね~。風との戦いです。

そこに目を付けたのが、ショット兄弟だったんですねーー。
Shottのライダースジャケット「Perfecto」シリーズは、画期的なジャケットとして話題となり、ライダース史に大きな影響を与えます!

可動性と断熱性を高めるために、アシンメトリーに身頃のジップを配し、フィット感を高めるためにウエストベルトを付けたデザインは、バイクを乗る際に前に体を傾けても運転しやすいように設計されているんです。

それに、カッコいいです(≧▽≦)

 

そして1950年代、「Perfecto」のフラッグシップモデル「ONESTAR」が発売されます。

この 「ONESTAR」が、今も尚、Shottのアイコンとして認知されているんですね~。

ザ・革ジャンの誕生です(^O^)

70年近く経った今でもデザインのベースはほとんど変わらないのだそうですよ!

 

そして2023年はShottの創業からちょうど110年!
ということで、110周年限定のONESTARもお目見えしていますヾ(@⌒ー⌒@)ノ 
 
今日のおしゃべりは、ここまでといたします(*^-^*)
shottの革ジャンの歴史おもしろいので、明日も続きをご紹介しようと思います!

 

ブログでは、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるような情報を掲載しております。ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP