革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/11/23

A.P.C.の革ジャンパーの色褪せ補修

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です(^^)/

 

今日は、勤労感謝の日ですね!

みなさま、日々のお勤めお疲れ様でございます(*^-^*)

自分で自分を褒めちゃいましょうーーー♪

今日の富士山は、「よーー頑張っとるのぉ」という感じで美しい姿を見せてくれていますよ~。

ブログの最後のほうに富士山写真載せておきますねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

さて、本日の施工例は、

A.P.C.(アーペーセー)の革のジャンパーの色褪せ補修

です。

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください。

【before】

紫外線による色褪せや、摩擦で表面がスレたことによる色落ちしが発生しています。

全体が白っぽくなり、革の質が失われています。

 

革研究所の染め直しで、きれいにしていきます!

 

では、施工後をご覧ください。

【after】

いかがでしょう!

色褪せ、色落ちで白っぽくなっていた革ジャンが、

染め直しによってきれいなブラックに復活しました。

革特有の艶、質感も蘇りましたね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

あったかそうですね~これからの季節に大活躍できそうです(*^-^*)

 

これから活躍する革の衣類の準備は進んでいますか~(^^)

寒くなる季節に備えて、革のジャケットやコートなどのお手入れ、補修、まだまだ間に合います。

 

大切な革製品のお手入れ、補修は、革研究所が全力でサポートいたしますので、

お気軽にご相談ください(p≧w≦q)

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、革製品の修理に幅広く対応いたします(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、施工例でご紹介した革ジャンのブランド、A.P.C.(アーペーセー)から、おしゃべりをはじめたいと思います。

 

A.P.C.は、どう読めばいいのかなと思いますよね!フランス語の読み方で「アーペーセー」と読みます。

意味は、「製作と創造のアトリエ(Atelier de Production et de Creation)」というブランドコンセプトの略です。「製作がなければ、創造は単なるアイディアに過ぎない。また、創造がなければ、魂のない服になってしまう。」ということだそう。哲学的です(≧▽≦)

 

そんな、A.P.C.(アーペーセー)は、フランスのカジュアルファッションブランド。

1987年にチュニジア出身のジャン・トゥイトゥによって、フランスのパリに創設されました。

創設者であるジャン・トゥイトゥは、語学や歴史学を学ぶためにパリのソルボンヌ大学で学び、卒業後1年間南米に放浪の旅に出て、1977年にパリに戻ります。そして、パリで、ファッションブランドのケンゾーや、アニエス・ベーで働いて、経験を積んでいきます。

 1983年にはケンゾーで働いていた入江末男と共にファッションブランド「 IRIE(イリエ)」を設立。そこで成功を収めたジャン・トゥイトゥが独立して、オリジナルブランドを作ります。
そして、1987年にうまれたのがA.P.C.ですね。
 
 
ジャン・トゥイトゥのビジョンは、シンプルなスタイルの提案。
奇抜さを除外し、エレガントでカジュアルが基本的なスタイルです。
混じりけのある素材はほとんど使わずに、常にクラシックな素材を使用するんですね。
 
 
そして、A.P.C.と言えば、ローデニムです。
ビジョンに「常にクラシックな素材を使用する」とありますが、ローデニムとは、生のデニムということなので、まさにその通り!
生デニムは、ウォッシュ加工や防縮加工・ブリーチ加工などの加工が一切されていないデニムなんですね~。

 

 

そんなA.P.C.のデニム生地は日本製にこだわっているんですよ!

デニム生地の製造で世界的に高い知名度を誇る日本の「カイハラ社」とともに製作したオリジナル生地を採用しているんです。

外側はハリ感があり、内側は肌触りの良い柔らかい素材感が特徴。その肌触りはまるで“フランスパンのような風合い”と表現されることもあるんだそうです(*^-^*)

こんなメーカーが日本にあるなんて、なんだかうれしいです♪

 

デニムは、履いていくうちにだんだんと馴染んで、味が出てきますので、変化を楽しめる素材。

革のエイジングに通じるものがあります(^O^)

革とデニムの組み合わせもカッコよいですよね~。

どちらもエイジングを楽しみながら、永く愛着を持って使える素材ということで、

愛称も抜群だと思いますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

さて、今日のお話はここまでといたします~(*^-^*)

おまけ:冒頭で話した富士山の写真です!

 

ブログでは、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるような情報を掲載しております。ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


革製品のトラブルやお手入れなどでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

お品物が大きい場合や、数が多い場合などは、出張見積りにも対応いたしますので、ご相談ください。

出張エリアは、静岡県東部(熱海、伊東、三島、伊豆、伊豆の国、函南、沼津、清水、長泉、裾野、御殿場、小山、富士、富士宮)および伊豆半島。さらに箱根、小田原、茅ケ崎、藤沢、、うむむ、境目が、難しいです^^;

上記以外にも、神奈川県、東京都などの関東圏、その他の場合も、ご相談ください!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、革研究所三島伊豆店ホームページ上部のLINEアイコンを押して友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP