革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/11/14

シャネルの財布のファスナー交換と染め直し

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です\(^^)/

 

今日の富士山はピカピカできれいですよ~。

ブログの最後のあたりに富士山の写真載せておきますので見てくださいね(^^)

 

さて、本日は

シャネルの財布のファスナー交換と染め直し

の施工例をご紹介します。

 

さっそく、修理施工のbefore/afterをご覧ください。

【before】

ファスナーが壊れてしまっています。

コバ部分は擦れて、色が剥げていますね。

 

では、補修後をご覧ください。

【after】

いかがでしょう。

補修によって、キリっとした印象に復活しました!

ファスナーは金属ファスナーに交換し、スレて色が剥げていたコバ部分はきれいに補修されてます。

染め直しで長年の汚れや革の疲れた感じがなくなり、質感がアップしました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

シャネルの特徴であるロゴ部は筆塗りしていますよ!

これからも永く使っていただけると嬉しいです♪

 

本日ご紹介したシャネルのお財布は、ファスナーが壊れてしまっていましたが、革研究所の修理で、ご覧のように復活し、お使いいただけるようになりました。

革製品はお手入れ、補修で永く使える大変サステナブルな製品なんですね!

買い換えてしまう前に、手になじんだ大切な相棒のお手入れ・補修を考えてみませんか?

革研究所が全力でサポートいたします(p≧w≦q)

 

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、革製品の修理に幅広く対応いたしますので、お気軽にご相談ください\(^^)/ 

ご相談・お見積りは無料です!

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

 


ちょこっとお茶の時間です(^^)

本日は、施工例でご紹介したお財布のブランド、シャネルの創業者であるガブリエル・シャネルの70歳以降のお話をしていきたいと思います。

前回11月2日のブログでは、彼女はどんな人物だったのかを想像するようなお話を、かなりざっくりですが、、記載しました。(11/2のブログも見てみる方はこちら→「シャネルの長財布の補修と染め直し」)

 

本日は、ガブリエル・シャネルの晩年に迫ってみたいと思います。

いきなりなぜ晩年かというと、人間って最後まで何でもできるんだな!と、興味をもってしまったからです(≧▽≦)

 

シャネルは、70歳のとき、ファッション界に再びカムバックします!!

ファッション界が男性の手に渡ってしまい、ビスチェ、コルセットや膨らんだスカートなどのイメージで女性を型にはめて、自由を奪ってしまったことに、怒っていたんですね~o((>ω< ))o

 

昔のスタッフたちをあつめて、自身の店をオープンします。この時70歳!

この時、シャネルは、ラッキーナンバーである”5”を最初のコレクションの日付に選びます。

1954年2月5日のことです。

フランスのメディアは、彼女の年齢をあざ笑い、非難したのに対し、アメリカでは、シャネルのスタイルを認め、賞賛していたのだそうです。

あのライフ誌にはこう書かれているそうです。「ガブリエル・シャネルは71歳にして、ファッション以上のものを提供している これはまさに革命である」。

うんうん、まさにそう思いますねーー(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

 

こうして、シャネルのスタイルは、再び世界に認められていくんですね~。わくわくしますよ。

 

伝説のシャネルのスーツは、ツイードの素材や、ボタン、ポケット、独特なラインなどなど、ミリタリージャケットからインスピレーションを得たのだそうですよ!

名だたる女性たちがシャネルのスーツを着用していますよねーー。

 

デザイナーたちは、シャネルのスタイルをどんどん生み出していくんですね~

ブラックトゥとベージュのバイカラーシューズ、チェーンストラップのキルティングバッグ、シャネル№19・・・。

 

そして、1971年1月10日の日曜日、シャネルは息を引き取ります。仕事を愛していた彼女が、唯一仕事をしないのが日曜日でした。

すでに、自分のお墓を描いていて、「私の上に石を置かないで」と言ったそう。

「気が向いた時には外に出られるようにしておきたいの 天国で天使たちに服をデザインするためよ」

心の底から、ファッションを生み出すことが好きだったんですねヾ(≧▽≦*)o 

天国でも、シャネルの服を着た天使たちが自由に飛び回っていそうです(*^-^*)

 

本日のおしゃべりはここまでといたしますーー(^^)

 

シャネルの財布のファスナー交換と染め直し、いかがだったでしょうか。

みなさまがお持ちの革製品も、革研究所の修理でアップデートしませんか?

 

ブログではこのように、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるような情報を掲載しております。

ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 

おまけ:今日の朝の富士山です。


革製品のトラブルでお困りの際は、ぜひご相談ください。

ご相談、お見積りは、無料です♪(^^)♪

 

「こんな対応できますか?」「これはどうしたらいいの?」などなど、

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

お電話の場合、お話だけではダメージの状態がわからないので、気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

「実際にものを見せながら相談したい」などのご要望がありましたら、訪問見積りなども対応させていただきますので、ご相談ください。

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、

革研究所三島伊豆店ホームページ上部の

LINEアイコンを押して

友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP