革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/11/10

COACH 革のバッグのカラーチェンジ

こんにちは!

革研究所三島伊豆店スタッフ”よー”です\(^^)/

 

今日は、午前中から雨ですね~。

次に晴れた時は富士山真っ白になってそうです!!

 

さて、本日は、

COACHの革のバッグのカラーチェンジ

の施工例をご紹介します。

 

ご依頼内容は、スレ傷などの補修と、ブラックへのカラーチェンジです。

どのようにチェンジするか楽しみですね~(^^)

 

さっそく、施工before/afterをご覧ください!

【before】

COACHらしい柔らかな革で、複数の革の色のコンビネーションが素敵なデザインですね!

長年のご利用で、汚れやスレ傷、色褪せがあります。

複数の色を使っていることから、それぞれの色によっても汚れの目立ち方が違いますね。

今回は、ブラックへのカラーチェンジですが、その前に長年の汚れをきれいにクリーニングして塗装、補修に取りかかります。

ブラックへのチェンジで、どのようになるでしょ~(^^)

 

では、施工後をご覧ください!

【after】

ブラックへのチェンジいかがでしょう。

カラフルで楽しい感じから、キリっとかっこいい中にも優しい革のぬくもりが伝わるような感じにチェンジしましたね!

角のスレ部分もきれいに補修されています。

 

毎回、思うのですが、カラーが変わることによって、新しい洋服とのコーディネートを楽しんだり、利用シーンもちょっと考えてみたりと、いつもと違う世界が広がりそうな予感がして、わくわくしますね(*^-^*)

みなさまの革製品もカラーチェンジで気分を変えて、新しい世界を広げてみませんか?

 

革研究所 三島伊豆店では、バッグや財布、靴、小物、ソファや革衣類など、革製品の修理に幅広く対応いたしますので、お気軽にご相談ください\(^^)/ 

→ 革研究所 三島伊豆店の問い合わせ先へ

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

 


ちょこっと雑談タイムです(^^)

本日は、COACH(コーチ)をテーマにおしゃべりをはじめてみたいと思います。

 

コーチは、1941年にニューヨークで創立されたグローバルファッション・ブランドです。

創業以来、長年使い続けられる製品を作れないかと研究を続け、1961年に、柔らかな質感の野球グローブにヒントを得た、「グラブタンレザー」を開発します。

コーチのあの柔らかい革製品誕生の第一歩です!

「使い込まれた野球グローブのように、しなやかで風合いのある、光沢が美しいレザーを作りたい。」

という、コーチの職人たちの思い・情熱が生み出した、コーチオリジナルのレザーなんですね~。

 

確かに、野球のグローブって、一人一人使う人の手になじみますもんねーー。

不思議と革のいい香りまで一緒に想像してしまいます(^^)

 

話は変わりますが、、

一口に「革」といっても、いろんな種類がありますよね。

先日のブログでは、オーストリッチのバッグのカラーチェンジをご紹介しつつ、「オーストリッチ」ってどんな革なのか、といったことをおしゃべりしました。

とにかくいろんな革が存在するわけですが、いったいこの革ってどこから始まったんだろーっていうのが気になりまして、本日は、革の歴史をちょっとご紹介できればと思います。

コーチの革の話から、かなり飛躍しますが、ご容赦くださいませ(^-^)

 

人類と皮革との歴史はおよそ200万年前の旧石器時代にまでさかのぼります(◎_◎)

ブランドの歴史をたどると創業100年すごい!とか思いますが、200万年前となると、想像をはるかに超えてきますね。

狩猟で生活をしていた人類は、寒さや衝撃から身を守るために毛皮や革を活用し始めたんですね~。人間の発明っていつの時代も感心しかないです。思いついた旧石器人、表彰したいです!!

旧石器時代の遺跡からは、皮革の加工に使用した道具が発見されていて、それを使って除毛などを行っていたものと推測されているんだそうですよ。

それから人類は、「皮」を「革」にするなめし技術や、革を製品にする加工技術を工夫し、伝承してきたんですねーー。

動物から剥いだ皮をどうにか使いやすく、柔軟性や保存性を与えるために、動物皮を乾燥させ、たたいたり、擦ったり、もんだりして線維をほぐして皮をなめしていたんですから、その努力と言ったらすごいです。きっと生き抜くために必要だったんでしょうね!

 

コーチの「グラブタンレザー」も、人間の熱い思いが生み出した発明です!

いつの時代も、生活を良くしたいという人の思いってパワーあるなーと、思います(*^-^*)

 

コーチをテーマにおしゃべりをはじめ、革の歴史(はじまり)についてご紹介してまいりました(^^)/

 

COACHの革のバッグのカラーチェンジ、いかがだったでしょうか。

みなさまがお持ちの革製品も、革研究所の修理でアップデートしませんか?

 

ブログではこのように、革研究所の施工事例のご紹介とともに、みなさまのお茶のお供になるようなおしゃべりタイムを掲載しております。

ちょこちょことブログチェックしていただけると、大変うれしいです♪(^^)♪

 


ここで・・・店長からみなさまへ!!

 

革研究所三島伊豆店の店長の林田です。

施工にあたっては、みなさんのお悩みやご要望を真摯にお聞きして、丁寧にコミュニケーションしながら進めます。

施工内容についても詳しく説明し、ご納得いただいてから施工を開始しますので、ご安心ください。

施工後のお手入れの方法なども、納品の際に説明させていただきますので、

わからないことがあれば、お気軽にお尋ねください(^^)/

 

状態によって、クオリティ、納期、料金に違いがあります。

ダメージが少ない段階のほうが、ご負担も少なくなりますので、まだ早いかな?と思っても、ご相談いただけると嬉しいです。

 


革製品のトラブルでお困りの際は、ぜひご相談ください。

 

「こんな対応できますか?」

「これはどうしたらいいの?」などなど、

お悩み・ご相談は、LINE・メール・お電話などで承ります◎

お電話の場合、お話だけではダメージの状態がわからないので、気になる箇所のお写真をLINEやメールなどで送っていただけると、大変ありがたいです(^人^)

 

「実際にものを見せながら相談したい」などのご要望がありましたら、訪問見積りなども対応させていただきますので、ご相談ください。

 

ご相談、お見積りは、

もちろん無料です♪(^^)♪

 

とにかく、どんなご要望もあきらめずに

一度ご相談いただけると嬉しいです!

 

==================

革研究所 三島伊豆店

〒419-0107

静岡県田方郡函南町平井1753-968

定休日:不定休

電話:080-6224-4889

メール:support@mishima-izu-kawa-kenkyujyo.com

LINE:下記QRコードを読み取るか、

革研究所三島伊豆店ホームページ上部の

LINEアイコンを押して

友達登録してくださいね。

 

只今LINEからのお問い合わせで5%OFF!のキャンペーンを実施中です!

   

 

お問い合わせお待ちしております\(^^)/

 

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 三島伊豆店

代表者 林田 健
所在地 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753-968
TEL 080-6224-4889

対応エリア
静岡東部、伊豆 三島 近郊エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP